« May 2018 | Main | August 2018 »

June 2018

June 19, 2018

地震と出張 最終回

さて、クルマは順調に三重をすぎ愛知へ。途中軽い渋滞はあったもののわりとすんなり抜けることができた。高速の看板が「名神」から「東名阪」にかわったあたりで、東京まで帰れるなぁとうっすら思ったりもしたけれど予定通り名古屋で一般道へ。道に迷うこともなく給油。GSのお兄さんにきかれてもいないのに「あのねー、地震で兵庫から頑張って走ってきたの^^」と話しかける。お兄さん困りつつ笑顔で応対してくれたw。レンタカー屋の営業所の位置を知らなかったのだけれど、駅を目指していたら見慣れた看板が見えたので、間違ってたら場所を教えてもらおうとナビを無視してとりあえず駐車場につっこむ。BINGO♡

車を返却して差額を精算して駅へ。名古屋の駅はごった返していたけれどぐったりした人が座り込んでるような状況でもなかったのでほっとした。ただ、さすがに指定席は一杯。東京まで1時間40分程度。3人で道端会議開始。選択肢はみっつ。1.1時間程度の遅れできている新幹線、どこかでお茶でもしつつ待って指定席で帰る。2.こだまでゆるっと座って帰る。 3.のぞみ自由席で立ちん坊 少し悩みつつここまできたらとっとと帰ろうということで意見がまとまりのぞみ自由席のチケットを購入。

ここで、先生方に待っててもらって大好きな「ぴよりん」を2羽ゲットw 豚まん買えなかったからね。
40分遅れというアナウンスとともにホームに滑り込んできたのぞみに乗り込んで、自由席の通路に立つ。さすがに混んでて乗り切れない人たちは次を待ったけれど私たちは最初に来た電車に乗り込むことができて、喋り倒してるうちに品川着。おふたりとはここでさよなら。いつか再会しましょうと御挨拶をして新幹線を降りる私。

通勤時間帯になっていたので京急はエアポート急行が走ってる。品川からなら10分がとこでおうち^-^。振り返ればやっぱり長いいちにちだったなぁ。発表会近いのにピンチチームのレッスンお休みにしちゃったことだけが心に引っかかったけど、もうしゃーない。頑張ってもらおうw

20:30過ぎに自宅着。ホテルを出てから12時間。実に予定より7時間遅れでの到着となりました。たくさんの偶然が重なった今回の帰り道。K先生が移動開始前だったこと、前日にLINEで連絡がとれるようになっていたこと。N先生ともメッセンジャーで連絡が可能だったこと。大きめのスーツケースを宅配にしていたので新幹線移動が比較的ラクにできたこと。運動靴を買って履き替えていたこと。レンタカーがキャンセルで1台だけ空いていたこと。渋滞にハマってるうちに利用したい道路の通行止めが解除になったこと。ETCカードをたまたま携帯していたこと。ひとつ抜けても違う結果に転んでいたな、と。

そうそう。結局雨に降られることはありませんでした^^v。曇り女健在。

レンタカー利用を快く承知してくれた本部交通手配担当の方、心配してメッセージをくれた友人たち、送迎してくれようと考えてくれた人たち、いろいろな情報を流してくれた人たち、延泊になってこまったら助けるよとメッセージをくれた人たち、FBで見守りつつ心配してくださった人たち、全ての皆さまに心から感謝です。そして今回、たとえ時間がかかっても一緒にいてくれたふたりの先生方のおかげで不安を感じることもなく帰路につけました。たいへんだったけれど心に残る出張でした。

関西方面はまだ余震の心配もあり、たくさんの大切な友人たちもいます。みなが自分の生活圏での災害であるにも関わらず私のことを気に掛けてくれました。感謝の気持ちで一杯です。どうか大きな余震がありませんように。今回、関西の人たちと接する中で阪神淡路大震災の話もありました。今回も亡くなられた方があったことはとても残念です。これ以上被害の拡大がありませんようにと心から祈ります。

(終)

P.S 先ほど宅急便でスーツケースが帰ってきました。日本の物流ははやり優秀!

|

出張と地震 その3

さて出発。ナビにとりあえず名古屋駅を設定。N先生がささっとやってくださるのでとても助かった。お茶も買ってもらっちゃった。「イケメンにお茶もろたー!」と興奮する私w

国道に出たら・・・想定の範囲内ではあったけれど渋滞。ナビには通行止めを示す×マークがたくさん。しくじったかな?と思いつつも、時間を余計に喰いそうなら同乗のおふたりを新大阪、京都、米原でおろしてしまうことも選択肢として考えておく。

街から山道、ずーっと渋滞。宝塚まで電車で20分足らずのところが2時間近くかかったか?ナビの名古屋到着予定時刻は19時すぎ!だがこの渋滞で時間をくったのがむしろ正解に繋がっていた。宝塚近くから渋滞も少しずつ解消して、更に高速の通行止めが解除になった。迷わず中国道へ。ここでまたひとつ偶然といえば偶然の奇跡。普段はクルマに載せっぱなしのETCカード、先週の自家用車出張あとに交通費精算の関係で履歴を調べる必要があって、自車からはずしていたばかりか失くすといけないと思ってサイフのポケットに入れたのがそのままになっていたのだった。というわけで高速にのるのもすーいすい^^v

兵庫から大阪に入ると走行車線はガラガラだけど、出口渋滞が上下線ともすごいことになっていた。新大阪の線はこれで消える。街中の渋滞にハマったらせっかく順調に動いているのが逆に無駄になるし、うまく新大阪で先生方をおろせたとしても新幹線がまだ順調とはいえない状態だったから。ナビの到着時刻も17時30分くらいになっていた。

高速道路は本当に嘘のように順調。なので結局京都も滋賀も高速を降りる選択肢は排除。名神をひた走る。少し疲れてきて判断力の低下を感じたのとトイレ休憩をとりたかったこと、あと名古屋の状況もわからなかったから、高速に乗っているうちに軽く何か食べておいた方がいいと判断して草津PAで休憩。疲れからかあまり食欲はなかったけど、近江牛コロッケを買って元気になる私。一緒に買った九条ネギお好み焼きは半分しか食べられなかったけど美味しかった^^。根っこが生えると動けなくなりそうだったので、軽く食べてトイレに行っただけですぐに出発。N先生が運転代わりましょうか?と声をかけてくださったけれど、新幹線乗っちゃえば私がいちばん家近いし、休憩してだいぶ気力も戻っていたので大丈夫だと判断して運転席は譲らず。いや、単に運転好きなだけっていう話もなくはないけど^^;。さてさてどんどん名古屋が近くなる。

朝からずーっと私のマシンガントーク炸裂。同乗のおふたりはさぞや疲れたことであろう^^;

(続く・たぶん次で終われるw)

|

出張と地震 その2

さて、お昼も近くなってきてもまだ電車が動く気配無し。生徒たちにレッスン休みの連絡をするデッドライン。もう一度本部に電話をしてくるとお店にK先生を置いたまま外へ。生徒たちに連絡をしつつ、いくつかの選択肢を考える。1.そのままひたすら待つ。2.バスもしくはタクシーでターミナル駅まで出て新幹線待ち 3.西へ逃れて別空港から飛行機または新幹線待ち 4.レンタカーで新幹線が運転を再開している米原よりも東へ向かう 5.延泊

既に関西方面の友人知人たちからも連絡がはいったり帰途につかれていた審査委員長の先生からも連絡をいただいたり、FBでもたくさんの人が心配をして情報をくれていた。そろそろ決断時。消去法で残ったのは1と4。

2はバス自体がほぼ機能していないこと、タクシーは渋滞でいくらかかるかわからないこと。3は経費がもったいない(笑)ことと復旧してもまだ動いたり止まったりが続いていたから 5はいちばん現実味はあるものの置いてきてる仕事もかなり気になっていたのでできるだけ今日中に帰宅したかった。

1.の待つという選択肢もだいぶ危うい感じになっていた。新幹線の間引き運転が始まったという話も聞こえてきたが肝心の神戸-新大阪がまだアウト。在来線も動きだしたのはちょっと距離のある場所ばかりだった。
ここでほぼ私の気持ちは確定。レンタカーだな。ただ、この状況で乗り捨て可能な空車があるかどうかがわからない。とりあえずネットで調べたレンタカー屋に電話をして確認。1台だけ用意できるという。「会社に確認してもう一度電話します。少し待ってください」と言い置いて本部にもう一度電話。了承をとりつけてから改めてレンタカー屋に連絡して「遅くても15分程度で行きます」と伝える。
店に戻ってK先生に「レンタカーで米原まで行くよ!」と伝えると、少し驚いた顔をされながらも、私を知らないわけではない先生は「大丈夫?」とニッコリ。こちらも「もちろん!」とニッコリ。さて珍道中・・・じゃなかった・・・大冒険開始である。

ここでもうひとり関東方面からいらしていたN先生に連絡をとってみることにした。前日の時点で関西で別のご予定があると伺っていたので連絡していなかったのだけれど、とりあえず予定を伺うことにした。すると先生もすぐ近く、三田の駅近くで途方に暮れているという。「レンタカーで東へ向かいます」ということと、もしかしたら電車待つより時間かかるかもしれないリスクを同時に伝えてからご一緒していただけるというお返事いただいた^^。無事に3人そろってレンタカー屋さんへ。レンタカー屋のお兄さんと話しながら乗り捨ての場所を「あ、米原のぞみ止まんないよね?名古屋まで行っちゃってもいい?」ときくとレンタカー屋さんからは「大丈夫ですよ」とのお返事。途中で乗り捨ての場所を変更したり夜までかかっちゃっても大丈夫なようにしてもらって、一応目的地を名古屋の新幹線口の営業所ということで手配をしてもらって、さーて、いざ出発!^0^

(その3へ続く)

|

出張と地震 その1

6/16からコンペティションの審査のため兵庫県の三田(さんだ)地区に滞在していた。18日の昼すぎには羽田について発表会近くなってきたレッスンをする予定だった。何事もなければ。

マイマザー将軍さまから「帰りに556買ってきてね!」(うちのおかんは何度言っても蓬莱551の豚まんを556と呼ぶ。それはサビ落としだってば)と言われてて、伊丹がリニューアルしてちょっと探検したいとも思っていたので、早めに空港に着くつもりで準備をしていた。乗る予定でいた電車は9:04発の丹波路快速。スーツケースもあるので宝塚で阪急にのりかえて蛍池から伊丹に出るつもりでいた。7時過ぎに起床。家から持ってきたコーヒーを飲んでからお風呂にはいっていたら突き上げるような地震。すっぽんぽんでバスルームからタオルだけ巻いて吹っ飛びだしたところでスマホがけたたましくアラームを鳴らしていた。とはいえ、その時はまだ大事とは思っておらず、電車遅れそうだから少し早く出ようくらいにしか考えていなかった。

8:15頃客室を後にしたがエレベーターが停止。スーツケースをよっこいしょっと抱えてハイヒールで9階から非常階段を降りる。途中でお部屋係のおばちゃんたちとすれ違いながら「びっくりしましたねー」とか「たいへんですね」と声をかわしつつフロントへ。ちょっと嫌な予感がしたので「到着日遅れてもいいので宅急便お願いします」とスーツケースを預ける。電車の運行状況をきいたら「ちょっとわからないですね」とのことで、スマホで検索してるところへ審査をご一緒したK先生から「電車乗ろうと思ったら止まっちゃったよ」とLINEが来た。実は夕べ「私、LINEはやってないのよね」と仰るので先生のスマホに私がアプリをインストールして繋いだばかりだった。電車は動いていないというのでそのまま駅にいていただいて、8:45頃改札前で落ち合う。駅員さんも再開は未定で今日中には動くと思うけど被害情報もわからないとのこと。駅前の広場には学生さんや会社へいくところだったと思われるたくさんの人たちがとても行儀良く座っていた。

1時間弱は三田駅にいただろうか。預けたスーツケースに眼鏡を入れてしまったことに気付く。電車はまだ暫く動きそうにもないので、ホテルへ戻ることにした。幸い集荷は来ておらず無事に眼鏡だけ取り出して「傘どうしようかな?」と悩む。天気予報は当初雨予報だったが、自分の曇りオンナ伝説を信じて「降ったら買おうっと」と言いながらもう一度荷物をお願いしてホテルを後にする。この時点でめぼしい情報はなし。

私は古くてかなり踵の高い靴を履いていた。土曜にずっこけて剥けちゃった部分をマジックで塗ってたし既に足も痛かった。これは大きい余震が来たらちょっと困るよなと、K先生に「靴買いたい」と言って、駅前のショッピングビルにつきあってもらう。エレベーターの中で一緒した地元のおばちゃんたちと「いやー、びっくりしましたね」みたいな話しつつ「気をつけてね」と言い合ってバイバイ。ビルにはしまむらがはいっていたので運動靴と靴下を買う。脱いだヒールとストッキングはお店の人に事情を話して捨ててもらった。ここでもお店の人とすっかり話し込んで「お気をつけて」とお声をかけてもらって外へ出る。駅前のヴィドフランスに入れたのでそこで電車が走るのを待つことにした。この時点で私の乗る予定だった飛行機は欠航確定。K先生にはお店にいてもらって外へ出て本部へ状況説明の電話をして、とりあえず私は陸路に変更して東京を目指すことを伝える。

パンをもぐもぐしつつ雑談に花を咲かせる私たち。暫く待てば新幹線乗れるよね~くらいの心持ちだったので、ふたりともちっとも緊張感なし^^;

(その2へ続く)

|

« May 2018 | Main | August 2018 »