« May 2016 | Main | August 2016 »

July 2016

July 26, 2016

出し切った子は泣かない

ピアノ初めてまだ1年にちょっと足りないくらいのちびっこ。もんのすんごい勢いで伸びてて、この夏A1級でコンペ初参戦したんだけれども、奨励賞でだだ泣き。実はもう1回申し込んであったので、次もまたダメかもしれない可能性のことも言い含めて本人と話し合った結果「頑張る!出る!」というので、彼の頑張りを見届けることにしました。出番は午前中だったので、コンクールの付き添いはしないっていう掟をねじ曲げて今日は応援に。

本番はミスタッチはあったけど音楽の流れを止めずにしっかり弾いたし私的にはおっきなハナマル。ただし結果は残念ながらついてきませんでした。ただ、本番あとにママから来たメールに不覚にも思わず私が泣いてしまいました。ありがとう。ごめんね、と。


13659000_1041051182638301_869878327

もちろん、生徒をコンクールに出すからには責任もって仕上げてあげたいし、できることなら全員次へと駒をすすめさせてあげたい。私自身の力のなさをふがいなく思うことも多いけれど、それでも私を信じてついてくる子たちと保護者みんなのためにまだまだ頑張らなければ。時々「もっといい先生についていれば・・・」って私自身が思うことだってなくはないんです。実際、そうして手を離してきた子たちも過去にいました。でも、私のできるラインを見誤ることなく、できるところまでは一緒に頑張らせてくれる親御さんたちに感謝の気持ちで一杯です。

今年はA1級からずーっとコンペに毎年1回挑戦してて、毎年必ず僅差でおっこちてくる生徒がE級で初の予選通過を果たしました。この子もほかのコンクールではしっかり入賞してくる子ですから力がないわけではありません。でもコンペだけは、なんと足かけ8年^^;。その話を聞いた音大生の生徒が「私もほかのコンクールは全国まで行っても、なぜかコンペは一度も通らなかったよ」としれっと答えてくれました。

自分も点数をつける側にまわることの多い最近は審査される先生たちのご苦労もよくわかります。だから、一概にコンクールの是非を論じることはできません。ただ一つ言えることは「頑張った子は必ず成長するということ」です。その場で目に見える結果が出なかった子もいつか大きく花開くことを信じています。

自分の指導力のなさをいいわけするわけではないけれど、コンクールは水物です。私自身はちっこい子たちのコンクールは場慣れと学習の通過点でしかないと思っているし、結果に惑わされずにしっかり育ってほしいし、みんながみんな大切に育てたい原石です。そしてたくさんの才能に出会える自分の幸せをかみしめつつ、生徒たちには嬉しい涙を流させてあげたいといつも思うのです。

さーて、今日はあとひとり結果待ち。本選組はもうひとがんばりね♡

13782211_1041044602638959_703326529

|

July 14, 2016

再手術決定・・・orz

ドタバタと審査のお仕事や日々のレッスンをこなす日々でしたが、10年近く鳴りを潜めていた眼瞼黄色腫がやはり気になるサイズになってしまったので、内科の処方は続けつつ、8月アタマに10年ぶりの眼瞼黄色腫の再手術決めました。10年前に執刀してくださった先生の病院を再訪。とんとんとスケジュールは決まりました。

でも、申込済みの大学スクーリング1期は諦めるようかなぁ…とそこだけが微妙。

術前検査で採血。ここんとこ具合悪かったのと夕べ寝付けなかったのとで三本目採取直後に貧血でぶっ倒れて寝かされる。カッコ悪(´・ω・`)

慌てて看護師さんが計ってくれた血圧はさすがに上が90まで下がってたわ。昨日まで血圧上がりすぎて大騒ぎしてたのに^^;。さて、続いて急いで度入りのサングラス作らなきゃ。前回のでは度が合わない。生徒ちゃんたちにも急きょご迷惑おかけする事となるので連絡プリント作成。夏休み後半はフランケンシュタイン顔で大学スクーリングと仕事の二本立て。馬車馬のように働いたる(笑)

でも、決めてすっきりした。リスクの説明とか受けると顔切るのはちょっと怖いけどね。今回はせいぜい二重の線がずれるかもくらいらしいから、福笑いみたいな顔になったらネタにするさ。(因みに執刀の先生の腕は確かなので全然心配はしてない)

一身上の都合とやらで(笑)前回とは氏名住所が変更になったので新しい診察券もろた

|

July 02, 2016

夏がそこまで

また沈黙しておりましたが^^;、日々を忙しく走り回っております。5月は岡山、6月は仙台と出張し、先週は年に一度私が一番大切に思っている教室発表会を無事に終えました^^

現在はコンペ真っ最中です。日常は本当に光の速度で動いている気がしますが、それを実感するのはこどもたちの成長です。私もしっかり歩をすすめないと、最近は生徒ちゃんたちに精神的にもどんどん追い抜かれている気がします。でも、それもまた嬉しいんですけどね。

お教室への日々のご協力、心より感謝申し上げますm(__)m


Pd


|

« May 2016 | Main | August 2016 »