« September 2015 | Main | January 2016 »

October 2015

October 02, 2015

うちは道場?

さてさて、今日の怒られん坊さんのトップバッターは年長さん女子のおしゃまさんな下の子ちゃん。
うまく弾けないと最近簡単におへそが曲がる。でもって「ピアノいちばん好きじゃないもん!それに、おうちではちゃんと出来るもんっ!」と言い出す。今日はさすがに目に余ったので、おねえちゃんのレッスンしてる間、軽くほっといてからぽそっと「いじわるさん、やだなぁ」って言ったらむくれんぼう全開w。

軽くいなしてから「あのね、おとなもイヤなこと言われたらイヤなの。せんせい、ピアノの先生だから、ピアノきらいって言われたらここんとこ(胸のとこ指して)痛いの!」っていったら、あら、今回はすんなり反省モード入った。今まではだいたいお話きくのもタイヘンだったのに。ちゃんと成長してるなぁ。というわけで、この機を逃せない。

「ピアノがいちばんじゃなくてもいいけど、気をつけてって言ったことやってくれないとじょうずにならないし、たのしくないからもっといやになっちゃうよ。それにせんせーは○○ちゃんともっと仲良くしたいのになぁ。悲しいなー。」って言ったら、つぶらなおめめがじっと見つめる。「わかる?」「うん」ということで、ちっちゃなおててをひょいとつまんで、仲直りと仲良しの誓いをたてて指切り。また何度も裏切られるんだけどさwww。

小学生たちは口がすべること数度。先生のこと、おともだちだと思っちゃったかな?(笑)

中高生たちは不思議な音出して「きもちわるーい」って私にいびられ、テヘペロ。ま、これは日々変わらず。弾き直しに注意もきかず、止まらないで勝手にリピートしようとした高校生は「とまれって人の話聞け!つってんの!阿呆!」と怒鳴られるが糠に釘^^;。まぁ阿呆だのばかちーん!だのって怒られる子たちはそこまでに長い時間信頼関係出来てると信じて今日も元気に発破かけまくりです。

ピアノ教室じゃなくて道場に看板掛け替えようかしら…。

ま、今日も平和っちゃ平和です。たぶん。

|

October 01, 2015

進路

私がNちゃんに初めて出会ったのは彼女が小学校高学年のツインテールちゃんだった頃。よそからの移籍でこっわーい先生についてたとかで^^;ピアノどころか音楽も嫌いになりかけてた。プロを考えているわけじゃいけれど音楽好きな気持ちを取り戻して、でも可能ならばまだまだやっぱり上達もさせたくてというのが当時の面談した時の親御さんの正直な想いだった。確かによく弾けるしセンスもいいのに、必要な教材なんかはぜんっぜん入ってなくて、だから途中は結構無理もさせた。反抗期には私とも親御さんともぶつかりながらも、中高と吹奏楽でobも頑張った。

とにかく泣き虫だから制服時代のNちゃんはいっつも泣いてる顔が浮かぶ。高校生になったある日「私、やっぱりピアノで大学行く」とあーらびっくり決意表明!私が音大進学をきちんと決めたのは高2の夏なので、どんだけ影響もろかぶりなんだかw。

そんなNちゃん、気付けば音大も既に3年生。既に私の片腕になりつつある。おっきな目にたくさん涙溜めて「音大行かないからいいんだもん!先生になんか絶対なんないからっ!」とキレてたのが嘘のよう。預け先の先生方にもかわいがっていただいて、本人も結構負けず嫌いの努力家なので、とっくに私なんか越えてる。今日、LINEのやりとりしててちょっとうるっとしちゃった。きっとね、私なんかよりずっといい先生になるわよ。ひとつだけお願い。できたら演奏活動も一生なんちゃってではなくて現役名乗れるようにいてね^^;←ここはちょっぴり自分がすっごく後悔してる部分。

ふと見渡せば、本当にろくすっぽ役に立たない「ただの街のピアノの先生」の私を慕ってくれる愛し子たちがたくさん。
あのね、あなたたちがいるから私は存在できるんだよ。先生と呼んでくれてありがとう。私の行く道がピアノに限定されることなくていいから、いつかあなたたちの助けになりますように。

50936


|

« September 2015 | Main | January 2016 »