« 30鞍になりました^^v | Main | 発表会のお手伝いとか・・・いろいろ・・・ »

October 20, 2012

いつでも音楽がそこにあったから

某SNSで「楽器をやめてしまったきっかけ」という記事があったので日記を書きました。

-------------------
高校2年までまったく音楽の道に進む気はなかったハズが、ある日突然「音大いく!」とかぬかして周囲をびっくりさせ、今思えば親には金銭的にも随分負担をかけました。我が家は母子家庭だったしね。 時代がバブルでよかった・・・(笑)

卒業してピアノのせんせーという職業について、今も毎日音楽漬けなわけなんだけれども、ピアノは小4の終わりから中2までやめていたこともあり、練習が嫌いな私は親にも学校の先生にも猛反対され、それでも1回こっきり「お世話になった先生の母校のみ」の挑戦を許されて、音大にひっかかったのは子どもの頃の先生が丁寧に基礎の指導をしてくださっていたおかげだと今も本当に感謝してます。

ちなみに私は音楽教育学科でピアノを専攻しましたが、当時、私の通っていた大学は、教育学科でも器楽科の主科のレッスンとほぼ同じカリキュラムでしっかり個人レッスンを受けることができました。もちろん試験もほぼ器楽学科と一緒でしたので、卒業後「あ、教育ですか。」なんて何気なく言われると、他の音大の教育とはカリキュラム違うもん!とオヘソが軽く曲がることがあったりすることをここに暴露しておきます(笑)。

結局、ピアノは上手にはならなかったけど(爆)、毎日ちびたちと格闘しながら音楽の大切さを自分自身も改めて感じられる毎日は幸せだと思っています。

さて、そんな私の趣味の音楽。小学校の高学年から中3まではフルート、中学の間はエレクトーン。高校からはホルン。大人になってからお琴。どちらかというとすごく不器用ってこともないもんで、何をやってもなんとなくそこそこ。基本が器用貧乏なんだよね(^^;。 実は人付き合いがあまり得意ではなく、いつも側にあった音楽に随分と助けられてきました。

フルートは部活レベルから脱するることはなかったかな。エレクトーンは2年くらいでとりあえず弾きたい曲はほぼ弾けてコンクールとかにも出させていただきました。とてもよい思い出になってます。あとでやっぱりピアノがいい!と言ってピアノに戻ったときにはちょっとピアノの先生に「ピアノのタッチじゃなくなっちゃった」とおしかりは受けたものの、クラシックピアノだけでは身に付かない経験もできて後悔はなし。お琴はあまり上手にならなかったので中級あがるくらいまでのところで、まぁお正月の手慰みくらいだったかな。最近はまったく弾いてないけど。

で、ホルン。中学のブラスバンドのあまりのしょぼさに、高校決めるときに絶対そこそこブラスの強い学校に行きたいと思って志望校を決めました。運良く成績はたりてたので合格。でも第一希望のフルートにはなれず、いろいろあったもののホルンに決定。初心者でいつまで経っても思うように吹けず、本当によく泣いたなぁ。たぶん今までで初めて一番苦労した楽器です。移調楽器なもんで音符は読めない(厳密には実音でしか読めない)ことでは随分悩みました。それでも20代後半までは一般の吹奏楽団にはいったりして楽しくやってました。20年くらい前、ヨメに行くちょっと前にホルンは封印。今から2年ちょっと前に高校のOBバンドの記念イベントでふたたび手にすることになりました。で、離婚して自由な時間がとれるようになったときにひょんなことから再開する機会に恵まれ、また人にも恵まれたこともあり、今は無理なく楽しんでる趣味のひとつです。そこからきちんと巧くなりたい気持ちが強くなり、レッスンについたり、ホルンアンサンブル、アマオケ、時々ブラスで楽しく吹いてます。楽器の再開にともなって人との再会や出会いもあって、本当に嬉しいこともたくさんです。吹けなくて怒られて凹むことも多々あるけどね。

ピアノの生徒さん達にも「あの時辞めなければよかった」って言う社会人の生徒さん、結構いるんだけれど、離れていた時間は決して無駄なわけではなく、自分が本当に音楽が好きだと認識するために必要な時間だったのだと思ってほしいなって思います。

可能な限り、子どもの頃のちょっぴり親御さんのお仕着せでやらされていた感のある習い事じゃなくて、自分が欲して始めたり、再開すること、大切にしてほしいと思います。

勿論、私も。昔に比べれば時間もとれないし、なかなか上達しないけれど、「ああ、好きだな」って思う気持ちを大切に可能な限り続けてゆきたいなって思っています。

辞めるのはとても簡単なこと。でも、すぐに諦めないで。もしも自分の意思で音楽の世界に戻ってくることがあったら、次はその気持ちを大切に大切に育てていって欲しいと思います。

|

« 30鞍になりました^^v | Main | 発表会のお手伝いとか・・・いろいろ・・・ »

「ピアノ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 30鞍になりました^^v | Main | 発表会のお手伝いとか・・・いろいろ・・・ »