« 発表会のお手伝いとか・・・いろいろ・・・ | Main | 曇り女? »

October 24, 2012

心穏やかに・・・のはずが・・・

朝からレッスン。お誕生日だし笑顔でいちにちガンバロー^0^・・・と午前中は3人レッスンして、昼歯医者行って、午後からちびころりんのレッスンして・・・。風邪がはやっているようで、お休みの子もちらほらでしたが。

さて、小2と年少さんの姉弟のレッスンで事件は起きました。事件は発表会で起きてるんじゃない、お教室で起きてるのよw。ま、ごく稀に発表会で起きることもあるけどね(爆)。

おねえちゃんは移籍組で2年目。弟くんはこの春から始めました。素材としてはふたりとも良いモノをもってます。ただ練習キライなのと、ちょいと普段から態度がよろしくない。何度か私の地雷を踏んでw諭されたり怒られたりしてたんだけど・・・ね。

入って来るなりニヤニヤしながら「つかれたー、寝る-」とソファになだれ込み。弟くんはソルフェしててもグダグダ。おねーちゃんは教本開けようとしたら「やだー」とのたまう。おねーちゃんはピアノ大嫌いをなんとかしたいので一曲は少しポピュラーな曲を渡しているんだけど、それも全然気持ちが入っていない。注意をするとそっぽむいたり、白目出したり・・・。

ぷちん☆

自分の血管が一本減った音がきこえました。
「ふたりともお話ししましょう」の時間。

弟くんはちっこいのでヤバいことを肌で感じてママに隠れて甘えまくってます。「こっちおいで」といっても知らんぷり。暫く声かけてまったく無視。おねーちゃんはこのあと起きることを想像できる年齢なので石になってますが、表情なく私の顔は見られません。

で、怒号飛びました。本気に腹筋使って大声で「そこに座りなさいっ!」と。

あとは毎度毎度毎度毎度、同じパターンのどの子にもしてきた同じ説教です。

「ピアノ弾けなくても先生は怒らないよ。練習キライなのも仕方ないかもしれない。でもあなたたちが本当に音楽が嫌いにならないようにするために、先生が今までどれだけ気を遣ってガマンしてきてるかわかる?オトナはどんなに嫌なことされても相手がコドモだったらガマンしなくちゃいけないの?」

「あなたが一所懸命話しかけてる相手が、ずーっとタルそうだったりイヤそうだったりヘンな顔されたりしたら、どんな気持ちがするの?本当に優しい人っていうのは相手の気持ちになれる人のことだよ!。先生だって、あなたたちが知らないおうちの関係ない子なら怒らない。バカでもアホでも構わないから。でも、そうじゃない。オトナがコドモを叱るのは可愛いから、きちんと育って欲しいからなんだよ!」

「がんばってがんばってそれでもできない子だってたくさんいるのに、やればできるのにどうしてっそうやって逃げてばかりいるの?今日は先生、自分のお誕生日だから絶対怒らないようにしようと思ってた。ガマンしてでもニコニコでいい日ににしようって。でも、今、あなたたちの態度見て、これを許して怒らなかったら、先生は自分で自分が嫌いになる。だから怒ることにした!」

ちっこい方は途中キックで応酬しようとしましたが、あえなく撃沈。途中で諦めて神妙に説教くらってました。これでピアノが完全に嫌いになったら私の責任でしょう。でも、人間として必要なことを教えずにピアノだけ教えることは私にはこの先もたぶんできません。

最後はふたりをギュッてして「大好きだから怒るんだよ。ねーね(お姉ちゃん)はお話ししてわかる年だからいつも怒られてるように感じてるかも知れないけどふたりとも同じ。大きいも小さいも関係ない。だめなモノはダメ!」ともう一度声をかけました。ハグの拒否はされなかったので、おそらく何か思うところが小さいなりにあったのだと思います。いえ、あって欲しいと願います。

親御さんもとてもしっかりしていて平生から教育熱心なご家庭です。帰り際「大切なお子さん怒鳴りつけちゃってごめんね」と声をかけたらお母様が「正しく叱って下さってありがとうございます。」と言って下さったのが、せめてもの救いです。

そして次の時間の高学年の子が途中で入ってきて、ぎょっとしつつも後ろの方おとなしく待っててくれて、自分の番になったとたん「私が怒られてるのかと思った・・・ちいさくても同じなんだね・・・」って呟いてました。

普段はできるだけ怒鳴らないようにはしてるんだけどね^^;。誕生日に本気でちびっこ怒鳴りつけるハメになるとは思いませんでしたわ。でも、見逃したら私が私でなくなる。それは本心です。だから後悔はしてません。

|

« 発表会のお手伝いとか・・・いろいろ・・・ | Main | 曇り女? »

「ピアノ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 発表会のお手伝いとか・・・いろいろ・・・ | Main | 曇り女? »