« いつでも音楽がそこにあったから | Main | 心穏やかに・・・のはずが・・・ »

October 21, 2012

発表会のお手伝いとか・・・いろいろ・・・

今日は、私の現在の連弾相方のピアノ教室の発表会でした。もちろんお手伝い・・・。

ぐぁ。近隣楽器店のちびっこ用コンクールとどんぴしゃ重なり、相方のこどもたち(小5と中2)がエントリーしてたもんで、あらまぁどーしましょ状態・・・。

とりあえず、まず楽器店へ。妹のMちゃんの付き添い。この演奏はとても良かった。まぁミスタッチあったけど目立つ箇所ではなかったし、何よりも先週のレッスンまででできてなかったことができてたよ!もうそれだけで私はすっかり満足w。私は殆どなんもしてなくて^^;見て下さっている私の先生のおかげなんだけど、ね。

で、終わってドレスのままのMちゃんタクシーにつっこんで一緒に発表会会場へ移動。15分くらい。相方の発表会は合奏がすごく楽しいんです。コスプレしたこどもたちが歌ったりいろいろな楽器やったり。もう本当にかわいい。ちっさいこからおっきいこまで音を楽しめる、お客さんも、ね。実は合奏大好きな私、ちょっと羨ましい。でもうちのお教室の規模だと、もうピアノだけで(教える方が)いっぱいいっぱいなんだもんTT。ま、うちはネタ系?は「猫の手隊(大きい生徒達で事務から演奏までやってくれる子達のこと)」がやってくれるからいっか。

本番開始。いきなりアナウンス命じられたりしてほえぇってなったりしたけど、とりあえず粛々と本番は進んでゆきます。

で、途中で今度は相方のダンナさんの運転する車におにーちゃんDくんを乗せてまたもやコンクール会場へ。

ここで大事件勃発!

大井町から池上って一直線ですいてれば15分コースなんだけれども・・・。なんと祭で神輿がでてて交通規制。一車線しかないとこでいきなりお巡りさん出てきて「いつ通してあげられるかわかりません」だとぉ???少し早めに出てきてたとはいえ、時間は決して余裕なく・・・。おまわりさんの出してきた迂回路が近道ではないことを悟った地元っこの私、「この子これからピアノのコンクールなんで急いでるんです。ここでUターンさせてもらっていいですか?」ときくと「わかりました。と誘導してくれました。で、来た道を引き返し、国道と裏道を駆使して会場へ向かいます。主催楽器店の店舗に電話してるような余裕もなく店長さんあてにホットラインで電話!演奏順は変更できないのでラストになら替えられるとのこと、でも発表会のとの兼ね合いがあるので間に合わなかったら棄権するしかない。神様、頼むよ!

楽器店の見える信号でとまった瞬間にDくんクルマから引きずり下ろし猛ダッシュw。演奏3分前に着きました。着いたときにはともえせんせーの膝は笑っているどころか大爆笑しておりました^^;。まぁ、そんな状態のDくん、息を整える間もないまま本番へ。やっぱちょっとピアノが鳴りきらずミスも出ちゃいました。焦らせてごめんね!(TT)

弾き終えると同時に撤収、発表会会場へ逆戻り。着いたとたんに「Dくん、次出番!」の声。おいおい。さすがにかわいそうだったなぁ・・・。で、むしろこっちのほうがヤラかしちゃってたね(涙)。でも、これだけの精神的な悪条件で弾くことってたぶん一生にそうないと思うくらいのことの連続だったのに本当によく頑張りました。

そのあと、人ごとじゃなかったよ・・・3人あとには私も賛助で連弾^^;。急いでコスプレ・・・じゃなかった戦闘服という名のドレスに着替えて出番です。ちっと事故ったけど、自分的にはとても楽しく弾かせてもらいました。しかしキャンディードおそるべし。1年近くあたためて(各本番の直前だけ練習するのが悪いんだけど^^;)なかなか完成度があがりませんでした。譜面難しくないのに、悔しいなぁ。なかなか苦戦した一曲になりました。

3部はまたまたお手伝いアナウンスしたり、合奏のセッティングしたり。ラストは写真でちびっこ並べたり、片付け走り回ったり・・・。自分とこの発表会の倍くらい走ったいちにちでした。

嬉しいサプライズは、この春まで私の生徒だった高校生のSちゃんがお花持ってきてくれてたこと。相方の子どもたちと現在私の先生のところで同門なのでその関連だったんだけど、嬉しかったよぉぉぉ^0^。

私が自分の教室の発表会は大きい生徒達に任せっきりで自分が動くこと殆どないことを実感。反省。でもやっぱうちは猫の手隊頼みだなぁ。なにごとも。ま、私にピアノ習いに来た時点で裏方仕込まれる覚悟はしといてもらわんとね。来年も頼むよ、にゃんこたち^^/

終えて、一旦クルマ取りに帰って(もしかしたら運ぶヒトとかモノとかでるかと思ったので)打ち上げにもお邪魔してきました。

参加者のみなさん、おつかれさまでした。ステキな演奏をありがとう^^。
関係者のみなさん、おつかれさまでした。お客さんがいないと演奏者たちのステージはなりたたないのです。その点とてもご盛会でしたね!

そして、Mちゃん、Dくん、本番のかけもちがんばったね!ごくろうさま。
相方ダーリンはじめとするご家族のみなさま、おたくのおヨメさま、お嬢さまは本当に頑張ってました。自慢に思って下さい!

で、相方。おっきなハナマルあげる。満点以上だったよ。もちろん反省もあるのは知ってるし、私たちそうじゃなきゃいけない。でもね、生徒さん達の笑顔見たら、やっぱりどんだけステキな先生なのか伝わりました。私の自慢の先輩だよ。これからもよろしくね!

で、次、ステップだから。頼むね(爆)

|

« いつでも音楽がそこにあったから | Main | 心穏やかに・・・のはずが・・・ »

「ピアノ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いつでも音楽がそこにあったから | Main | 心穏やかに・・・のはずが・・・ »