« 古賀春季ステップ | Main | 忘れるはずがないでしょ? »

May 14, 2012

乗馬ライセンスに挑戦

といっても、今回申し込んだのは5級。体験乗馬とほとんどかわらんのね。

成田のスクールがネットで格安募集してるという噂をききつけて早速申し込み。今回は諸経費のみの無料ご招待というやつ。お邪魔したのはオリンピッククラブさん。

池袋を出発するスクールバスを利用することにしました。とはいえ、うちから9時に池袋っていうことはもしやラッシュアワーどんぴしゃでは???。電車は好きだけど混んでる電車に乗るのは大嫌いな私。考えたあげく、一時間はやく移動して池袋でお茶して時間つぶすことにしました。ビバ繁華街w。スクールバスはマイクロで補助席まで使うほどの盛況ぶり。平日なのにすごいなぁ・・・。乗ってからはもちろん爆睡。到着後は受付をすませ、簡単な説明のあと着替えて講義室へ。

座学講習

乗馬・下馬のお手本

騎乗1鞍目(30分)

騎乗2鞍目(30分)

オリエンテーション(クラブ紹介)

という流れでした。

が。とりあえずまったくのはじめてではないということと、本日初回が私ひとりだったということで、座学はほぼ知ってるとこだったし、すごいスピードで終わってしまって休憩。騎乗もさすがに乗馬下馬はひとりでできるようになってるのでここもいきなり馬上へ。軽く常足して慣らしたところですぐに軽速歩。一鞍目のお馬さんはとても素直で馬体も小柄で乗りやすい子でした。で、習ったのは手前合わせ。馬と自分のタイミング合わせですね。普段行ってるクラブがわりと広くのびのび乗せてもらえてるもんでここの小さい馬場はちょっと乗りにくく感じたけど、それでもまず問題なし。

1336976269807

休憩はさんで二鞍目。今度はすこし合図の出にくい子にしてみましょうというイントラさんの指示のもと、馬体のでかい子がやってきました。言われたとおり速歩の合図がちょいとはいりにくくて苦戦しました。ううー。それでも5級ライセンスには何の問題もないでしょうというお墨付きをいただいて、残りの2日は今月中に済ませてしまおうと思っています。

・・・が。ここで張ってある罠が・・・w。

オリエンテーションという名のクラブ勧誘があるわけなんですが、(あ、念のため。ここのイントラさんたちは優しくて丁寧だし、強い営業勧誘もなく本当に紹介っていう感じでした。で、今のところ好感度アップ^^)

私の場合、仕事がそうちょくちょく休めるわけもなく、ここのクラブはぶっちゃけ一日仕事になってしまうのがわかったので、通いきれる自信は完全になくなりました。普段行ってるクラブが近いだけに余計にね。というわけでライセンス取得目的と割り切ってるわけです。

が。この5級ライセンスを申請しないでそのまま4級取得コースにまるっと移動することができるとのこと。料金も最初から4級を申し込んだ扱いになり差額のみ。これはちょっとかなり魅力的です。もともと、5級は誰でも(そしてわりとどこでも)とれるということで4級の講座を開講してるところを探してここに行ったという背景があるもんでね。渡りに船・・・なわけです・・・本来なら、ね。が・・・。これから私は年間でも一番忙しい「現実逃避したいほどの超絶繁忙期」をむかえるわけです。というわけで、即決というわけにはいきません。とりあえず次回までにスケジュールと相談しつつ決めようと思ってます。

帰りはスクールバスまで1時間以上あって、そこらへんふらふらしながら時間つぶし。周りになんもないところなので、クラブの中を探検するしかなくて。こういう時に限って本もIpadもおいて来ちゃってたのよね。

バス出発から1時間半くらいで池袋駅前。またもや爆睡してたので途中の記憶はまったくなしw。でも我が家からだとすごい大回りになるのでちょっと時間のロスがもったいない。というわけで、次回予約した来週の水曜日は車で行ってみることにしました。

|

« 古賀春季ステップ | Main | 忘れるはずがないでしょ? »

乗馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95637/54715631

Listed below are links to weblogs that reference 乗馬ライセンスに挑戦:

« 古賀春季ステップ | Main | 忘れるはずがないでしょ? »