« ニコニコのいちねんせい | Main | 池上ステップ »

April 07, 2012

課題曲説明会

さて。今日も早起き。いつもならレッスンレッスンまたレッスンの土曜日ですが、今日の分は春休み中に補習済み。で、大学時代からの友人と町田の楽器店までピティナコンペの課題曲セミナーを受けに行ってきました。本日の講師の先生は昨年ステップのアドバイスでもご一緒させていただいたピアニストさん。お人柄はどこまでもやわらかくとても素敵な先生で私は大ファンなのです。 3月の本部主催のセミナーに参加できなかったので、東京近郊で開催されるものがあれば受講しておきたいなと思っていたところ、知ってる先生のお講座だしちょうどいいかと思って事前に先生には「4月に追っかけしまーす」と連絡させていただいた次第(笑)。

今日の講座内容はA2級からC級まで(学齢未満~小6まで)でした。そんなわけで事前にご本人からも内容的にどんなことをするのかはちらっと伺ってはいたんですが、予告?通り全曲弾いてくださって、それだけで尊敬。ちなみに私は課題曲選定で生徒に聴かせるために弾くだけでも十分にヘロヘロになりましたが、それをピアノの先生たちが譜面ガン見する中で、ポイントを取り出して説明しながら限られた時間でどんどん曲を弾かれてゆく。「やっぱピアニストってしゅげぇ(スゴイ)…」と思いました。

基本的なことから少し立ち入ったことまで、当然ながらそれでも解釈の幅はかなり残してくださっている印象でした。以前も他のセミナーに出席したり自分がY社のセミナー助手をやっていた時代にも思ったりしたことだけれど、受講者はピアノの先生が殆どなのにも関わらず「え?ここまで説明すんの?」って思うようなかなり基本的な説明もあり、ピアノの先生たちの質もやっぱりマチマチなんだろうな…と考えさせられる部分もあります。自分自身は少しコンペに慣れも出てきて緩んでいた部分の反省もできた気がします。

それでも、今日の私は基本的には譜面にかじりつくのではなく、説明のあったポイントの中で留めておきたい箇所や自分なりの感想を文章にしておきたかったので譜面は見ないで鞄の中(全曲ちゃんと持って行きましたよ?)。で、iPadをお膝に乗せて受講してました。これにはちょっぴり理由もあります。私は自分がステップにアドバイスに行かせていただいたりする機会があるので、最近はプロでもアマでも演奏を聞かせていただく機会にはできるだけ内容や感想、気になることその他を文章立てる習慣をつけています。そうして表現の語彙を増やしたいんですよね。お勉強したことはきちんとフィードバックせねば。

それから、コンペに生徒を参加させる指導者としての立場から「ああ、こうしたほうがいいのかな」という発見ももちろんありましたし(実はセミナー受講自体が随分久しぶりでしたが)今一度自分の解釈やいままで勉強してきたことを振り返るよい機会になりました。


帰りは同行の友人とお茶して町田のヨドバシカメラへ。でも目指すものがなかったので結局川崎に寄り道して連れて帰ってきちゃいました。青い京急^^。来週の子鉄たちの反応が楽しみです/

Dsc_0183

明日は地元楽器店のピアノステップ。朝からスタッフして夕方には出番。はーぁ。休みの日でもピアノ漬けじゃ。おいら、ヤル気皆無の先生なのになぁ(爆)。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

|

« ニコニコのいちねんせい | Main | 池上ステップ »

「ピアノ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95637/54415876

Listed below are links to weblogs that reference 課題曲説明会:

« ニコニコのいちねんせい | Main | 池上ステップ »