« 寂しくなるけど | Main | 音を紡ぐ »

March 23, 2012

手が小さい

大きな手に憧れます。一応、ピアノ弾きですもん。

私は子どもの頃から自分の先生に「あなたは手が小さいからね」と言われ続けてきました。それでもどうしたら音をつかめるか一緒に考えてくださったしストレッチもいろいろ教えてくださって、成長してもちっちゃいままだった私の手を見て「本当によく開くようになったわよね」と言ってくださいました。私がピアノを仕事にするようになってから子どもたちにピアノを教えるのに実はこの手が結構役に立ってます。だって、生徒たちが届かないーって悩む音程は大抵私も届きませんもん。

そして、うちのかなり良く弾く子たちはなぜかみな手がちっちゃい。ショパンだリストだベートーヴェンだって課題もりもりやってる子たちも、普通にしてると1オクターヴぎりぎりくらいです。ただね、みんなよく開く。指のストレッチをたくさんやって、ちっちゃな手を最大限に広げる。それから、脳みそよく使う。一部とんでもないフィンガリングを除けば、頭使って指使い考えれば実はなんとかなっちゃうもんです。

とはいえ、やっぱりどうしてもきれいにつかめない和音や、この作曲家の曲はきっと一生弾けないだろうなぁってしょんぼりすること、ありますけどね。でも、それもやっぱり脳みそ使う。作曲者には怒られちゃうかもしれないけど、曲を壊さず省ける音も存在したりするわけだし、ね。

だから、生徒さんの「手が小さくて弾けません」ていう発言には、「そんなことないよ」って答えてあげられます。もちろん苦労はあるけれど、大きくてドタバタしちゃう指をよくまわるように一所懸命トレーニングするのも、ちっちゃくて届かない指を頑張って広げるのも、きっとたいへんなのは一緒。

私の手は上手にピアノを弾くことはなかなかしてくれないけれど、それでも音大でピアノを専攻することはできましたし、なんとかなるもんですw。手袋はジュニアサイズで十分だからお得だし・・・?^^;。

どうか学習中のおちびさんたち「手が小さいから」って言い訳にして諦めちゃわないでくださいね。それから、先生方も「手が小さいものね」って子どもたちに「弾けなくていいんだー」って思わせないでゆきましょう!

Hand
私の手は縦16cmでした(笑)

|

« 寂しくなるけど | Main | 音を紡ぐ »

「ピアノ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95637/54292454

Listed below are links to weblogs that reference 手が小さい:

« 寂しくなるけど | Main | 音を紡ぐ »