« 明日からお休みを | Main | 最高の贅沢は »

March 28, 2012

習う立場で考えてみる

さて、朝は6時起床。7時半には家を出て向かう先は乗馬倶楽部。今日で乗馬教室はおしまい。来週からはレッスンをビジターとして受けることにしました。

5鞍目 軽速歩・右手前・ちょっぴり正反撞らしきもの(調馬策@長いリードみたいなの付き)

今日はいつもの美人さんで優しいイントラさんではなく、初めてついてもらった男性の方でした。まずは馬場にある巨大な鏡の前でフォームのチェック。足の踏み込みの弱さと角度をもっぱら注意されました。でも今のところ?ちゃんと乗れていると言っていただけたのが結構嬉しかったり^-^。とはいえ、乗ってる自分はいっぱいいっぱいでそれどころじゃないのが本当のとこなんだけどね^^;。バランス感覚は褒めていただきましたよ^^v。こーみえてもその昔はバイク乗りだったからねw。

とにかくある程度ひとりで乗れるようになるまではあまり間をあけずに数乗ることが一番大切だということで。うん、わかってるもん。今回1週あけただけでもだいぶ体が忘れてたしな。

ちょうど年度末のお休みをとっていたので、明後日は別の乗馬クラブに体験&見学に行ってきます。実はいくつか目ぼしいところチェックしてるんだけどどこも遠いしお高いからなぁ。それに今のところ結構気に入ってるしね。ま、時間がとれたらちょこちょこいろんなクラブの見学に行ってみようと思います。

で、帰りはまた横浜ヨドバシでひっかかり、アクリル絵の具と小さな木の模型をいくつか買いこんで帰宅。お昼食べて今度は馬バッグをミケケースに背負い直して新大久保に移動。

お次はYせんせいのホルンレッスン。
口の中について。お口閉じて欠伸してる感じ?…っと。お口の中のことって難しいわ。自分でもよーわからんことが多い。それから右手の入れ方。やっぱり気を抜くと以前のベルの支え方に戻っちゃうので、音を聞きながら自分で調節できるようになること。そのあとは曲を二曲ざざっと聞いていただいて、次回までに来年の発表会の曲をどちらかに決めてちゃんとさらっておくことが宿題。あと、ここから暫くは多少コントロールしづらく感じても、とにかく音色を気にして気にして吹くこと。音色音色っと。

でも、この「音色」ってやつ、実は白状すると今までどうにも自分でしっくりきてなかった部分だったんだな。もともと私はどちらかというと柔らかくて芯のある音をホルンの音色って認識をしていたんだけど、自分で吹くと芯がなくて広がっちゃうか、Beee!って潰れた音になっちゃうことが多くてね。でも、最近、丁寧に吹くと実はきちんとPo~っていう柔らかいけどきちんと響く音が出せるらしいことがなんとなくわかったような気がしないでもないような感じになってきたかもしれないwww。

どちらの先生のレッスン受けたあとでも(私は現在もおふたりの先生に師事中です)毎度思うけど、先生に直されてその場で「変わったぁ!」って思うとすごくうれしい。でも「あれ?いま私どーやって吹いてた???」って思うことも多いんだよね(T_T)

とゆーわけで本日の結論。
お馬もホルンも定着が大事。

教えていただいたことを忘れない…って言うのは簡単だけどこれが一番難しいのよね。

楽しい気持ちを消さないようにしたい。でもやっぱり習いごとって時間もそれなりには割くわけだし、教えてくださる方たちにも時間を頂いている以上、きちんと巧くなりたいな。上手にならないと楽しいは続かないってこと、いつもは逆の立場ですごく感じてるから、ね^^。

さて、夜からはコンクール本番前の子たちの補習と社会人の回数調整レッスン。働くべ。

|

« 明日からお休みを | Main | 最高の贅沢は »

ホルン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95637/54330955

Listed below are links to weblogs that reference 習う立場で考えてみる:

« 明日からお休みを | Main | 最高の贅沢は »