« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

February 29, 2012

雪の休日

回数調整でレッスンはお休み。

午前中に乗馬のレッスンの予約をとってたんだけど、あいにくの雪でキャンセル。結局いちにち家でだらだらしてました。譜面棚からはみ出した楽譜たちを少しすっきりさせたり、ちょっぴり工作の続きやったりして、予定外にまったりとしたいちにちになって、これはこれでよかったのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2012

だいぶよくなったけど

体の左側が痛い。手は伸ばせるし回せるけど、下にひっぱると結構ツライ痛みがくる。明日は仕事が休みなので久しぶりに整体行ってこようかな。それでダメならまた病院かなぁ…。

待ってたJAL(VIEW-suica)カードが届いたので設定開始。JMBからの移行だったのでJAL側には面倒なことは何もなかったんだけどね。JR東の設定。VIEWのサイトとモバイルスイカとえきねっとに紐付け。どんだけ使うか微妙だから年会費かかるしどうしようかなーと考えてもみたんだけど、まぁ1050円だし今までsuicaの年会費取られてたのがVIEWカードになって(暫くは?)かからなくなるらしいから、全く使わないこともあるまいとJR西のEX-ICスイカ特約も申し込んでみたりもして。 しかし今回の発行は早かった。2週間てとこだったかな。またちょっとクレジットカードの整理しなくちゃな。稼ぎに対して与信が育ちすぎてる気がする(汗)から、欲しいカードがあってもいざというとき申し込みに躊躇しちゃうんだよね(<それでショッピング系のカードはポイント欲しくても、店頭ですすめられても「もうクレジットカードは要りません」っていくつか諦めてるのよね)

今夜未明から雪?。乗馬の予約とってるんだけどなぁ、明日もダメかなぁ…しょんぼり。とりあえず起きてから決めよう。

ここんとこ仕事がんばってたので、あと手つかずなお仕事は掃除くらい^^;。まぁいろいろとちょっとずつ片づけてゆきましょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2012

疲れた…

朝から病院→銀行→青色会で共済加入申し込みとドタバタ。

銀行で予想外に2時間近く待つハメになり、どーっと疲れてそのままレッスン突入。14:30から22:00のロングレッスンコースだったんだけど、お休みの子がいたのでそれほどキツくならなかったのが救い^^;。

楽譜棚から溢れた譜面を横目で見つつ、掃除も工作もストップ中TT。時間的には少し余裕がありそうな時期なんだけどなぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2012

楽譜を求めて・・・

午前中は毎度おなじみMちゃんの入賞者記念のリハーサルをひやかしに行って、本番はごめんして銀座へ。まずはホルンのレッスン@I師匠。音階は低い方のC-dur。低音むじゅかちぃTT。で、本日の教本は久しぶりに「朝練」。こちらも低音練習。鼻の横がまたかゆくなるわw。

レッスン終えていつものカフェで遅めのランチをとってから銀座の街へ。お目当ては某会wコンペ用の楽譜の調達です。8割がた揃えたもののまだ手に入れてないものが数冊あったので。とりあえずC級までの全曲とそれ以上も持ってないのは多少手に入れとくかーってことで。

まずは山野楽器へ。東京マラソンで地上も地下もごった返してました。そこをミケ@マイホルンしょって歩くと汗だくになるのよね。山野さんでは4冊しかゲットできず。どうみても同業さんが同じ本目当てに棚の前を行ったり来たり^^;。山野楽器も指導者専用割引カードをとったのでちょっと嬉しいお値引き価格。つっても数十円だけど^^;。

そのあとは更に足りない楽譜を求めて銀座ヤマハへ。楽譜売り場は激混み。お目当てを書いたメモを片手に棚の間を動き回るも見つけられず、解禁前だけどもしや?と思って中央の什器を見たら、あったあった「某会コンペ課題曲コーナー」。さすがに要項がまだ発表前だからかPOPはついてなかったけど、あからさまに「Pの会様御用達スペース」が出来上がってました。ひょいひょいひょいっと必要な楽譜を手にとりつつ確認。

…やっぱり一冊だけないわ。ロマン派ピアノ小品集5。今回うちのちびすけたちはC級が一番人数多いと思われるので、買わないって選択肢もないんだよなーと思いつつ、問い合わせカウンターへ。おねーさんが棚を見て歩いてくれて「バックヤードの在庫を確認してまいります」と消える。待つこと2分。あったあった!ネットでも売り切れ、入荷未定になってたんだけどあっさりゲット。結局、支払総額は軽く一万を超え、ここ数日で軽く数万円分の譜面がまた増えました。トホホ。しかしネット探しまわってもなかなか見つからなかった譜面もすんなり買うことができて、老舗の底力を見ましたわ(笑)。

ぶっちゃけ、コンクールの譜面ってコピーですませちゃう方もいるんだと思います。とくにピ○ィナは課題曲が多い。私も以前は必要な級や必要な曲のみ購入してた時代もあります。手に入りにくい譜面は知り合いの先生と融通しあったこともあります。でも数年前からはたとえ必要な曲が1曲でも、手に入りにくい曲は一時的に知人からコピーが手に入るとしても、譜面は買うことにしています。

ひとつは著作権問題。音楽家のはしっくれなら言わずとしれたノーコピー運動ですね。

もうひとつは蓄積。コンクールの課題曲って結構ほかの団体のものとかぶったり数年後に同じ曲が戻ってきたりします。きちんと持ってると再購入しなくて済むんですよ。生徒さんがA2級からずーっと一緒に育ってくると、先生の本棚もいつの間にかEF級までの譜面がずらーっと並ぶようになります^^。それにD級以上は既に持ってる楽譜の確率もかなりあがるので、そうそう新しいものを買う必要もなかったりします。

もうひとつはね。これが私的には一番大切に思うことなんですが「新しい出会い」。こういう機会に手に入れる楽譜って、結局普段だったら自分では手を伸ばさない楽譜なんですよね。だから、購入を機に他の曲にもざざっと目を通す。そうするとね、コンクール以外でも使える曲って結構あるんです。(たまに全く使わないのもないとは言わないけど^^;)

更に私の場合はピアノステップのアドヴァイスに行ったときに「コンペのリハーサルで参加します!」という声にきちんと応えられるようにしておかなければいけないという理由もあります。

曲を知ってることがすべてだとは思わないけれど、曲を知らないと始まらないこともあります。生徒さん達は曲を決定したあとに必要な曲だけ揃えればよいとは思うけれど、指導にあたる立場にある人間には楽譜は必ず宝物になります。

とはいえ、毎年この季節は譜面代でトホホな気分になるんですけど、ねTT。さて、今年はいつもよりずいぶん早く譜面は揃ったのでちびどもに聴かせる前にこの膨大な楽譜を自分が弾けるようにならなくちゃ…。(><)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2012

予約完了^-^

来月はいつものお仕事で九州方面への出張が決まっております。

基本的に出張は前日入りなんですが、大抵はギリギリまでレッスンをして、最終かその手前くらいの交通手段で移動、翌日朝から仕事して帰れれば速攻帰宅。無理な時は翌日朝イチで帰京して午後からレッスンというのが定番です。観光地へ行っても夜のお空とホールからの風景と移動中の交通手段の窓くらいしか見ることがありません。結構切ないw

が、よく考えてみたら、来月は曜日回数調整があってお休みがとれるんですよね。というわけで、今回は出張に自費観光を絡めることにしました。前日の早い時間に現地入りして、当日はいちにちしっかりお仕事して、さらにその次の日の夕方の飛行機で帰ってくることにしました。

この度の目的地は熊本。10年以上前に阿蘇旅行をしてとても気に入った土地。「生きているうちにもう一度行きたい観光地」でした。なかなか実現しなかったのですがね。で、レンタカー予約して外乗できる牧場も探して予約しちゃった。雨降りませんように。しかし、ここ数年で「おひとりさま観光」にもすっかり慣れたなぁ^^;。

もちろん、お仕事もきっちりがんばってきまぁす^^v。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2012

にらめっこ

今日はずっと中級くらいまでの曲とにらめっこ。

少ない音数の中にこんなにも学ぶべきことが詰まっているんだって思うと、どれだけ生徒たちにそれを伝えてあげられるか、子どもたちがどんな風に表現してくれるのかがとても楽しみです。

「せんせーはピアノの練習しなくても弾けるの?」ってちびっこに聞かれます。もちろん、ちびっこの曲はさらさらっと弾くことは可能ですよ^^;。でもね。きちんと理解して弾いて更にそれを伝達できるのかっていうと、実はとっても難しいことなのかもしれません。

音符の謎を紐解く時が一番たのしいんだってこと、ちびたちにも知ってほしいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2012

コンペの足音・・・

割とゆるやかに過ごすことができる時期ももうすぐ終わり。またコンペにむけて準備・指導・フォロー…。そのほかコンペ以外の各種コンクールに参戦する子たちもいますし、同時期に私的な大一番のイベントである教室発表会もあるので、夏は毎年てんやわんやです(TT)。ふー。冬眠(夏眠?)したい…とか言いつつ、曲を細部まで仕上げてゆく楽しさ、生徒たちの成長をはっきりと感じられる喜びは何にも代え難く。

ただね。ここのブログにも散々書いてるけど。

コンクール。芽が出る花にはこれ以上はないほどのとてもよい栄養。だけど、使い方を誤ると大変なことになります。ふりまわされちゃいけません。本人不在でよい音楽なんか絶対に生まれない。親御さんたちにはどうかそれを心に必ず留め置いていただきたいと思っています。

こどもたちが(大きい生徒さんもだけれど)、ひと夏終えて必ず何かをつかめていますように。それは残念なことに「賞」という目に見えるものではないかもしれないけれど、必ずいつか振り返ったときによい経験だったとそう思えるものなはずです。

さぁ、夏に向けて。
今年もしっかりやっていこう^^/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2012

新規募集停止します

春の転出をうけて数名の募集枠を設けておりましたが、おかげさまですべて決まりました。

新たな枠につきましては、随時お知らせしてゆきます。

ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2012

年に一度の大騒ぎ(確定申告終了!)

終わらせてまいりました。確定申告。毎年のこととはいえ、従業員なしの個人事業主なもんで税務もすべて自分でやってます。とはいえ不安もあるので開業後は地元の青色申告会のお世話になってます。年会費を納めるときちんと税務相談や指導、提出まで細かくチェックもしていただけるのでとても安心^^。

青色申告会で提出印もらうまでは未だにドキドキします。幸い今年もほぼ例年通り。昨年度はちょっぴり収入が増えていたので、むしろ「きちんと節税対策もしましょうね」と乗せられると思われる経費部分の再説明や控除を受けられる支出の紹介やら指導が久しぶりに入りました。中でも気になったのは小規模企業共済。退職金代わりに積立をして仕事が出来なくなったら廃業(解散)すればお金が返ってくるそうでもちろん経費としての計上もできる(ただし廃業以外の理由だとかなり戻りが少なくなっちゃうらしい)。最近は冗談じゃなくて老後の不安が募ってきてるのでこれは後ほどパンフレット熟読のうえ検討だな。

しかし、起業という形態をとって気づけばはや20年近くなり、いつも滑り込み申告で2月に終わったのなんて初めてかも(笑)

申告会からの帰り道、まっすぐ銀行へ寄って決定した所得税を納めて来ました。大した稼ぎじゃないとはいえ、やっぱり一括納入はツラいよぉ。住民税や国民健康保険の額が決まるまでまたちゃんとお財布見直ししておかないとな。同じ頃は他にも諸々の支出が増える季節だし、国民年金や民間の保険料まで考えると生活費ぬいたら遊ぶお金なんて実はカツカツT_T。暫くは清貧生活突入の予定(´Д`)

でも好きな仕事して自分のお口くらいは纏ることができて、最近は趣味にかける余裕もちょっぴりできた毎日。感謝しないとバチがあたるわね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2012

年長さんのAちゃん。とってもおりこうでかわいくてピアノが大好き(そしてとっても上手です)。今日のレッスンで時間の話をしていた時のこと。

私「Aちゃんがもうおやすみなさいした頃、大きいおねえちゃんたちはまだレッスンにきてるのよ」

A「なんで?」

私「学校や会社がおわらないからね。でもAちゃんもおっきくなったらママの車にのらないでひとりで電車で来られるわよ」

A「やだ。ママと来る」

Aママ「その頃ママはおばあちゃんかもよ?」

A「えー」

私「そしたら先生はもう死んじゃってるかもね」

A「確かにっ!」

ママの心臓が縮んだ音が聞こえましたwww
あいかわらずちびっこってばストレートだわ…^^;

ちなみに別の子は先生は若く見えるけど本当は280歳でほかの星から来たと思ってるようです…どんだけ…^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2012

がんがった

気がする(笑)

朝はオケ。技術的に吹けないところはともかくとして、出落ち撲滅キャンペーンなう。ちゃんと予習してくと少しは頭の中の音符も整理されて前回よりは随分マシになったかな。超上吹き(^▽^)のトラさん探せという指令が出たのでまたもや暗躍(^-^;)

昼はちと寄り道して一時帰宅。で、またお出かけ。今度は新大久保。この度新しく入団させてもらったホルンアンサンブルの練習に初参加です(^-^)。ついてゆけるか今は不安もあるけどもともと顔見知りも多い団体なので人見知り炸裂させることもなく(むしろオケより?)緊張しないでいられます。ただ…T先生の左に座ると今までよりドキドキするようになってしまいました。怒られませんようにって(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2012

おとぼけちゃんたち

最近のうちの愛すべきオトボケちゃんたち

学校行く朝の通学バスの中にランドセル忘れてきて、バス会社の人に学校に届けてもらったKくんは、届いたランドセルを事務室まで取りに行って、弁当だけ抜いて教室に戻ろうとしたらしい(昼時だったそうな)

Kくんの妹Aちゃんは過去にバス寝過して終点まで行っちゃって、号泣したまま交番に引き取られ、パトカーで自宅まで送ってもらったことがあるらしい。

いよいよ春から音大受験生になるNちゃんは、上の先生のレッスン中に「この終止はなんていうかわかる?」と訊かれ「ピカデリー!」と答えたらしい。(正解はピカルディの3度)。I先生に「それは映画館ね」って大爆笑されたって…。ああ…私ってばちゃんと仕事してないって絶対思われてるわ…orz。教えたぢゃんかぁぁぁ!(涙)

トホホな逸話がどんどん増えてゆく生徒たち
うちの子たちらしいっちゃらしいけど…ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2012

確定申告

今年こそ2月中に申告終わらせてやる!と息巻いておりますw。

とっととやっつけないと工作に着手できないんだもの><
(どうやら電車のまわりが片付かないのがお気に召さない模様)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2012

私は動物が大好きです。(まぁ、生徒たちも動物みたいなんが結構おりますでw)。愛娘プルーデンスが虹の橋へ旅立ってはや2年。それでも新しい家族をむかえることを強硬に反対している将軍様。で、乗馬習いに行くことになったわけなんですけどね(連れて帰ってこれないから乗馬はOKらしい)

今日は朝から乗馬教室@2回目。今日も軽速歩のタイミング練習。馬上体操を少しやったらすぐに長い紐つけられたおうまさん、インストラクターさんの合図にあわせてかっぽかっぽ走り出す。1週間たってて忘れてるかな?と思ったけど、体はけっこうちゃんと覚えてて少しずつ馬上で立つタイミングが合ってきました。うわ、楽しい!

レッスンは30分騎乗なので本当にあっという間です。前回は馬場の入り口でおうまさんとはバイバイだったんですが、インストラクターさんが「お時間大丈夫ですか?」とおっしゃるので「はい^0^」と答えると、「ではそのままお手入れも覚えましょう」ということで、私がひっぱったまま同行させてもらいます。

おっきいんだよね。サラブレッド。この子は小さい目とはいってたけどそれでも私が思いきり上に手をあげてやっと背中に届くか届かないかくらい。まぁ私がちびだからいけないんだけど^^;。

手綱や鞍のはずし方、ブラッシング、蹄のお手入れ、お洋服きせてお顔拭いてあげるところまでひととおり全部教えていただいて(覚えていられる自信はいまのところない!)チャレンジ。途中でおうまさんにおちょくられ、鼻水つけられたりお尻噛まれたり、威嚇されたりもしましたが(結構痛かったぞ)、なんとかキレイにしてあげて馬房へ返すところまでご一緒させてもらいました。結局レッスンあと30分以上お残りした感じ。手際良くなると15分くらいでできるようになるそうですが、道のりは険しそうだわ。

Dsc_0070

乗ってる(乗せてもらってるw)のも楽しいけど、近くでお触りし放題(<ダメな表現だ)なのはとても幸せ。はー。癒される。

帰りはひとつ手前のバス停で降りて横浜ヤマハによって生徒たちの教材を購入。ジョイナスでおひとりさまランチして帰宅。それでも結構時間に余裕があったので、やっぱり通うためには近いのって結構重要だなって思いました。乗馬教室終わったあともきちんと続けたい気持ちマンマンです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2012

3年目突入

2010年2月14日。

この日は私が20代の後半で封印していたホルンをふたたび抱えることになった運命の日。あっという間に丸二年が経ちました。その間に本当にいろいろなことがありました。ああ、もう二年経っちゃったんだ…という感慨と、まだ二年なのかぁ…という気持ちがないまぜになっています。

復活のきっかけになったブラスは辞め、個人レッスンとオケとアンサンブルを続けてきました。その中でも、10数年のブランクがあってまったく吹けなくなっているのに勢いだけで飛び込んだ私を受け入れてくれたオケには実は結構かなり感謝しています。人生初のオケ体験は未だに慣れないこともびっくりすることもあるんだけれど、とてもよい経験をさせてもらっています。昨年末には新しい先生に師事することになりおふたりの先生からいろいろなことを教えていただいています。そして3年目に入る今年、またアンサンブルで新たな道が開けました。

よく「子どもの時にピアノやめなければよかった。なんであの時やめちゃったんだろう?」っていうおとなの生徒さんがいるんですけどね。その気持ちが今の私にはとてもよくわかります。そして自分から一歩を踏み出して再開したらお仕着せではなく心から楽しめる気持ちも。

もちろん上手にできないことでジレンマもたくさんあります。たかが趣味、されど趣味だったりします。人生折り返しもすぎて、どうせやるなら何事も思い残すことなくできることをやっておきたい。来年の私もホルンな毎日を楽しんでいますように。

にほんブログ村 クラシックブログ ホルンへ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2012

はっぴーばれんたいん!

今週は手に手にチョコレートを持ったのが、ちっちゃいのからおっきいのまで教室に駆け込んできてくれます。レッスン開始のご挨拶する間もおしむように、真っ赤なほっぺでにこにこと「はいっ!これっ!」と差し出してくれる。

ありがとう。先生もあなたたちが大好きよ^^

P1020218


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2012

時は流れ、日々は重なる

朝からレッスン。春に高3になるNちゃんが学校代休であらわれた。いよいよ音大受験生になる準備で上の先生たちからバリバリ課題を出され(今は私が全幅の信頼を置くマイ師匠と某音大の先生のところとうちのトリプルレッスン)時には涙目になりつつも、きちんと頑張って積み上げてる最中。うちではとにかく譜読みと指さらい。ま、バグ取りですな(笑)。下っ端の先生には下っ端に必要とされてるお仕事がそれなりにあるのですよ^^;

それでもそろそろ手を離しても大丈夫かな?と思いながら「春からは、先生方に任せてうちはお休みしてもいいわよ?ソルフェもはじまるとお月謝だってたいへんだし。」と言うと「やだ。ここに来ないと気持ちが持続しなくなるかもしれないもん。」と即答。

ああ、必要とされてるんだなって、嬉しくなって思わずぎゅって抱きしめる。うちの子たちってハグするとちゃんと抱きしめかえしてくれるから好き^-^。実は同じようなパターンで来てる高校生がもうひとりいて。こやつら、さらいこんでる曲に関しては既に間違いなく私より上手なんだけれども(^_^;。

私が小さいときからお世話になってるI師匠に未だにまとわりついてるのと同じできっとこの子達ともついたり離れたりすることがあったとしても一生のおつきあいになるんだろうなぁ。なったらいいなぁ。

考えてみたら師匠は未だに私のことを4歳児だと思われてるフシもあるし・・・。時は流れるけれど、日々は重なり、繰り返されるのね。きっと。

この子たちがいずれピアニストと呼ばれる職業につくにせよピアノの先生になるにせよ、音楽の道を本格的に進み始めた時、何かひとつでも私の想いや考え方が残り、さらに次の世代へと連なってくれたならきっととても嬉しいんだろうな。

生徒たちにはよく話すんだけど。
「先生ね、子どももいないし死んでも財産も残らない。でもあなたたちの中にきっと気持ちや考え方が残る。それからお葬式にはきっとちゃんと人がきてくれると思えるのが自慢なのよ!」ってね(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2012

連ちゃんでホルン^^;

さて、今日は音楽教室のI師匠のレッスンです。自分がレッスン受けにゆくまえに、今日本番のあるMちゃんのピアノの最終調整してからね。で、移動。

いつものようにスケールから。今日は低いほうのDesドゥア。以前より低い音域についても多少は音色に注意がいくようになったかな。でもやっぱりとても難しいです。吹いてるうちに音がバラけてきちゃったり、逆に何度か同じ音を出しているうちに「あ!コレ!」って思うこともあって、命中率(笑)をあげられるようになるまではまだまだかかりそう・・・。

そのあと、教本の課題をあまり私がさらってこなかったことを白状したので、ニガテな高音についてのレクチャー。先生いわく、もしかすると高い音域のほうがむいてる(出しやすい)かもしれないとのことでとにかくチャレンジです。

五線の中の音から順番に少しずつ出す音をあげていって、音が細くなっちゃったりするところの息の調整や力の入れ方(抜き方もふくめてね)に直しをいれます。ところどころ昨日のレッスンでY先生に注意された右手や息の入れ方を気にしたりもしてみます。自分的にもいつもよりちょっとは響く音で高い音が出せた気がするぞー。

実は今年の目標はDまでを実用可能にしたいところなんだけど(あれ?オケの定演の譜面にはEsがいるはず???そして去年も確かDまでって言ってなかったか?^^;)、普段から「うちの子(楽器)には五線の上下の音はついてません」と豪語してるもんで、Cより上になるとやっぱり気持ちが先に行って力んじゃうことも多いです。

先生方は持ち上げ上手なので、I師匠に「あ、出てますよー。じゃ、もういっこいってみましょうか?」と煽てられすっかり気をよくして音を上げていくも、Esで脳裏に「本日の高音終了!」の看板が見えた気がしたんですけどね^^;。気付けば・・・あれ?あれ?highFまで出たよ。なんどかやってみても当たる。まぁ、実用にはまーったく届きませんが。だって3回くらい当てたらすでにごっつい疲れてたもん(爆)。今は時々出会う蜃気楼のようなもんだと思っておきましょうかね。

さて。あとは定着にむけてできるだけ毎日吹けるように頑張りましょう^-^。来週はオケ練があるので、読譜もきちんとしなくちゃ、ということで影譜書きもすすめなくちゃいけません。ついでに新規で入れていただいたアンサンブルの練習にも初参加する予定なのでそっちもさらわないとだー。今週は忙しくなるぞー。

スケジューリングをちゃんとしておかなくちゃね。空いた時間は工作も乗馬もしなくちゃだし!

レッスンの後、羽田空港まで渡すものがあったので知り合いのお出迎えに行ったら、以前お世話になっていた吹奏楽団のインペクさんが降りてきてびっくりでした。用事をすませてヨドバシカメラでお買い物。あとはいつものルートで帰宅。さて、無事にアクリル絵の具もゲットしたし夜はまた工作しましょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2012

イメージ

今日は朝から仕事して、夕方からYせんせいにホルンのレッスンしていただいてきました。向かう途中池袋で人がホームに落っこちたとかで電車止まってちょっと焦ったけど、無事に動き出しお約束の時間には間に合いました。

今日は今までの2回のレッスンで教えていただいたことの確認とリップスラー。もともとリップスラーはニガテ…というか、これに関しては自分の思っていたやり方自体が違ってたみたい^^;。

自分がピアノ教えてて生徒さん見てるときにも思うんだけどね。間違った練習って時間の無駄になるだけじゃなくて、正しい奏法を身につけるための邪魔になる。ぶっちゃけ、慣れてるやり方が正しくない場合、どんどん悪い方向へいくんだよね。で、まさに自分が今、コレ、この状態。でもね、少しでもイメージがつかめると俄然楽しくなってくる。

今ね、音が「目で見えてくる感覚」が楽しくて仕方ないんです。これはちょっと実際に楽器をやったことのある人にでないと、文字では説明しにくいんだけど。音って形になって見えるものなんです。だから時々マグレでも「あ!もしかして今すっごくいい形の音だった?」って思える瞬間があると幸せ。


知らなければできるわけがないし
気付かなければ直るわけがないし
繰り返さなければ定着するはずもない。
これは私自身がお稽古事を通していままで感じてきたこと。

私が何かを始める時、必ず(特にスタート時期には)独習せずに習いにいくことを「なんで?」と問われることがあるんだけれども。レッスンにつくっていうことは、「どうすればよいのか知っている人」に上達する道を探すアドバイスをいただくため。それから悪いくせがつかない(戻らない)ように見張りをしていてもらうため。それからサボらず継続させるため。私にとっての習い事っていうものに対する意識はこれが一番大きい。

特に私の場合は性格もあって、感覚型のくせに何事もアタマでごちゃごちゃ考えて煮詰まっちゃうことが多いので、実際に先生に現状を見てもらって、お手本見せてもらったり説明していただいたりして、その場でイメージを形にしてしまう、即ち経験することが一番納得しやすかったりするわけです。

楽器は特に一進一退の幅が広い世界。更に私の場合、ホルンはどんどんうまくなる時期なんてとうに過ぎてるのを知りながらも新たにスタートさせたわけだから、まぁ慌てずにでもできるだけ無駄なくいきたいところではあります。

ま、普段は自分が教えるほうの立場だし、単純に習うことが好きなのかもしれないけどね。新しい世界にはやっぱりワクワクがたくさんです。明日は音楽教室のほうのレッスンです。今日習ったこともちょっぴりでいいからきちんと活かせるといいな。


(追記)あくまでも「私」の考え方です。楽器の奏法や音楽の表現には数多のケースがあり、また正解は実はその人だけにしか存在しない(人の数だけある)という厄介なもの。加えて先生と生徒の相性や個々の感性もまちまちです。そこらへんよろしくご理解くださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2012

先生も

最近自分のピアノは専らバッハとモーツァルトばかり。作りが単純に見える音楽ほど難しい。またすこし壁に当たってる。

大きい曲も少しはきちんとやっつけないといけないんだけどね。最近上の先生のところに修行に行ってる子たち、すごい難曲もらってくるようになっちゃったので、こちらの譜読みが追いつかないわ。それでも譜読みや確認のために私のところへも通ってきてくれてる。いずれ手を離す日は来るとわかっているけれど、それでもやっぱり頑張ろうって思う。そしてしみじみ考える。

「先生」には誰にでもなれる。私みたいにね。でも生徒たちに「先生」って呼んでもらえることで一緒に成長して少しずつ「先生になってゆく」んだってこと。

ガミガミ教えるのは性に合わない。カリカリ練習させるのもイヤ。でも、楽しいからってゆるゆるなだけで上達させてあげられない指導者でもいたくない。いつも言ってるけど、本当に楽しいのためにはやっぱり「うまく弾ける」ことってそれなりに重要なファクターだと今は思ってる。

自分が学生時代、駆け出し時代、なにひとつわかっちゃいなかったってこと、最近すごく痛切に感じるようになったな。それだけトシくったってことだけど。

もちろんピアノを習うこどもたち(大きいのもふくめてだけど)みんな思うとおりになんて弾けやしない。生活のパターンが変化するにつれてピアノとの関係も変わってくる。だから自分のペースで、それぞれのスタンスで、各々が「ああ、楽しいな^-^」を見つけられればいいと思う。だって私自身が上手だったことなんて人生に1回もなかったもの。それでも好きでこの道進んできたんだから、ね。

できなかったところがひとつできるようになったときの笑顔は宝物。涙もあったりするけど、ぜーんぶ受け止めてあげられるようにありたい。そのためには小さな自分を隠して大きい器でいなきゃいけないと思い込んでいたけど、実際はそうでもないみたい。だって、先生も人間だもの。間違えるし凹むし、時には暴れたくもなる。実際の私の器なんてハムスターの額よりちっちゃいくらいなんだから。

ハノンで廻りのよくない指さらいをしつこくやらせてたらウルルルってなっちゃった子に「せんせーもね、できないことばっかりで今でもちょっぴり泣いちゃうのよ?」言ったらきょとんとした顔で「先生でもなくの?弾けないの?」って訊かれた。

「もちろん。でもね、ナイショだよ?」
「もうできるようになった?」
「ちょっぴりね。でもまだあと100万回くらい練習したらもっと上手にできるかなって思うの。でも、せんせいもこどものころから練習は大キライなんだよね(^.‐)☆オトナのごほんは100万回だけどちびっこのご本はきっと100回で上手になるよ。だから一緒にがんばろ?」って言ったら、照れた顔してまたさらいなおしてくれた。

日常によくある小さな出来事だったけど、今の私にはココロに沁みた。ああ、そうだ。生徒たちにとっては私はこんなんでもやっぱり先生なんだ。泣き言なんか言ってられないわ。

ここ数日はちょっぴりけっこう落ち込んでいて。
大切にしてたものが指からすりぬけてゆく感覚。
世界中が私に向けて背を向けているような感覚。
そんな疎外感を感じてた。他人が楽しそうであればあるほど、自分はもうきっとあの輪の中には戻れない、そう思うようになってた。

たぶん他の人からはどうということもない些細なことでしかないってこともわかってて。「え?そんなことなの?」って思われるようなことがきっかけでしかなくて。でももがくほどに堕ちていく。自分が大嫌いになる。

でも、私を好きっていってくれる生き物たちがおっきいのもちっさいのもたくさんいるんだってこと、思い出した。とにかくこの先も子どもたちには等身大で本気でぶつかりつづけてゆこう。あの生き物たちはオトナが表面上で取り繕ったとしてもちゃんと肌で感じ取っちゃうからね。

まだ気持ちはちゃんと落ち着いてはいないけど、前を向いていれば道はきっと開ける。だから大丈夫。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2012

ちょっとナーバス

なんだか何もかもがうまくまわらないような気分の日。プライベートがいまいちすっきりしない。

あ、仕事だけはいつもどおり、ちびっこに癒されてます^^。
昨日乗馬の帰り道にヨドバシカメラによって買ってきたストラクチャー(鉄道模型用のおうちとか飾り)を並べて眺めたりしつつ、それでもなんとなく浮上したかな。

あ、そういえば出張の依頼がきてました。3月と5月に九州地方のピアノステップに出没させていただく予定です。今からとても楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2012

乗馬にTRY

乗馬教室へ行って来ました。

我が家から40分ちょっと。平日の午前中に予約さえとれれば仕事までに帰れます^^。
今回は乗馬教室のほうへの入会。2か月で5回のプランです。

今までに観光地でのビジターレッスンとかは時々受けていたので、怖さはないし(もともと動物はすっごい好きだし)、イメージもないわけではないのですんなり。初回はなっがーいリードをつけてインストラクターさんが動かすお馬さんに「乗せてもらってる」感じです(笑)。

少し歩いたあとは軽早足のリズムになれるということで、くるんくるんとそれまでよりも速いリズムで回ります。タイミングはなんとなくつかめるんだけど、ストライドが足りないという注意。・・・されたんだけどまだ感覚がよくわかんない。やっぱ慣れるしかないんだろうなぁ。

というわけでまた来週行って来ます!

P1020203


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2012

お買い物

いよいよ憧れの乗馬を始めるにあたって通販のバーゲンで最低限の用具を揃えました。レンタルももちろんできるんだけれど、私はちっさくて横に広いのでサイズがいまいち微妙で不恰好だったり、まぁ当然ながら好きなデザインの気に入ったグッズのほうがモチベーションあがるからね。はい、続ける気マンマンです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2012

インフルエンザ・・・

で。

生徒さんたち、ひとり治るとまたひとり^^;。教室内で確認できただけでも12名が罹患。今日もお休みがふたり。明日も既にお休み決定がひとり。

はやく収束してくれるといいんだけど・・・。
まだまだ気が抜けませぬ。

うがいうがいうがい!
手洗い手洗い手洗い!

ピアノのレッスンは至近距離だし生徒さんたちは同じ楽器を使うので、はいってくる生徒さんには手ぴかジェルしてもらったり、レッスンの合間にも鍵盤を拭いたり。

とにかく予防できそうなことは気休めでもいいからしておかないとね。
でも、私はマスクが嫌いなので、ちょっとキケン(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2012

セーフ!

結局、前日帰宅後は発熱。オケの練習はお休みしました。熱さがったら行く気マンマンだったんだけど、ね^^;

で、一日中ゴロゴロ。インフルエンザではなかったようで夕方には熱もさがり頭痛もなくなりました。

ふー。セーフ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2012

あれ?ちょっと???

生徒さんたち、学校でインフルエンザが猛威をふるっているそうで、ここのこところバタバタと病に伏しています。ついでに学校公開やら受験休みやらで、いつもの土曜日からは考えられないくらいの空き時間。

夕方もいつもよりはやく終わったので、街にお買い物に出てきました。
東急ハンズでいろいろ物色していたら・・・あれ?あれ?

眩暈と頭痛・・・。

うわ、ちょっとマズいわ。
ということですぐに帰宅。
そのままお布団へGoでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2012

気づけば・・・

ちょっとぼーっとしてたら1週間書いてなかった^^;
今日は夜にでも「過去日記」書くことにします。

近況。
念願だった乗馬教室に通うことにしました。
今までも観光地で体験レッスンうけたり、ビジターレッスンを単発で受けたりしてずっときちんと習いたいと思っていたので今からワクワクしています^-^。弦楽器習おうかなって思ったりもしてたんだけど、とりあえず体動かす方を先にしてみました^^

今日は新人ちゃんのレッスンから。こちらもとても楽しみ^-^。一時期はちびっこが減っちゃってたんだけど、ここのところで世代交代がゆるやかに起きてるかな。で、大きい子たちも不定期でもちゃんと続いてる子が多いのが嬉しいです。春からの時間のやりくりは考えるとちょっとアタマ痛いけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2012

ホルンアンサンブル

ホルンをはじめてハマっていることのひとつに、アンサンブルがあります。よい仲間に恵まれたおかげで、ちょこちょことアンサンブルをする機会をもてるのはとてもありがたいことです。

そんな仲間たちと昨年11月にピティナピアノステップ15周年記念地区に参加してきました。そのときの動画がPTNA公式から配信されました。なんかもう懐かしい感じがします。とても楽しかったんですよ。良いホールで大好きな仲間たちとの演奏。一生の思い出です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2012

あら

一番近くの小学校、学級閉鎖4クラスだそうです。幼稚園はだいぶ落ち着いてきたみたい。まだまだ気は抜けないなぁ。


夜はまたちょいとお買い物に出てました。靴やらスカートも新調して、冬の寒さに負けないで気分があがってくるといいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »