« 発表会準備・・・ | Main | おめめが溶けたの? »

June 22, 2011

大好きな先生

私は4歳の後半からピアノを習っています。途中小4から暫く辞めてたけど。でもって、普通、がーっつりこんとピアノと真剣に向き合ってないとそれなりには難しいと思われるピアノ専攻で音大に行くことになるまで、いろんな人に面倒かけてきました。

その筆頭が私にピアノの手ほどきをしてくださったI先生。今はものすごい優秀な子ばかりを輩出している特別な先生におなりになっちまいましたが、昔は普通の子がたくさん通う「おねーさん先生」でした。私が習い始めた時、先生は大学1年生。知り合いのつてで「ピアノを習ってみたいちびすけ」と「ピアノを教えてみたい女子音大生」のひとつの出会いは、その後40年近くも続いています。順番だけは一番弟子なのが私の自慢だったりします!で、今ははうちの生徒も本番前をはじめよくお世話になってます。中にはうちから完全移籍しちゃったのもいるけど^^;。

いつも思うのは、自分の先生運の良さ。今までピアノは4人の先生に師事しましたが、一番最初に教えていただいたこのI先生との絆は本当に深い。もうおひとり、中3から音大卒業後も教えていただいたS先生も私が何度かピアノ辞めようかな…と思った時にいろいろ支えてくださった大切な恩師です。ここんとこお目にかかってないけどね^^;。

今、I先生には指導する立場としてもいろいろなことを教えていただいています。ピアノにあんまり熱心じゃなかった私がこの仕事に就いたのは今思えば本当に不思議。(<部活でブラバン小僧やっててピアノで音大行くのは珍しいことではないけど、同業者には「よくそんな時間あったね!いつピアノさらってたの?」と割と変人よばわりされますw。自分ではまったく後悔してないのよね。それどころか逆手にとって仕事に生かしてる部分もあるくらいだしね。)

そんな私が、途中ピアノやってなかったにも関わらずなんとか受験前にカタチになって今があるのは、このI先生がちびっこい頃に基礎を叩きこんでくださっていたから。当時は確かによく弾くちびだったからね、私w。私はI門下では「最初で最後のおちこぼれw」だけれども、順番だけ一番弟子が音大出てピアノの先生になったことは先生もとても喜んでくださってるみたい。某団体のアドバイスに行くと先生も審査やアドバイザーをされているので、お知り合いにお目にかかることがあるんだけど「私、I先生に4歳から教えていただいてたんですよ!」と言うと「え?じゃあI先生っておいくつ???」とびっくりされます。私の小さな悪戯www。先生には「ともちゃん、ちゃんとその頃私が学生だったって言ってちょうだいね?」とよく叱られてます。

不義理しまくってばかりの私を今も昔と同じ4歳児にするように優しく接しながら、同じ道を進む後輩としてもいろいろ教えてくださる先生。生徒たちの前では立ててくださることさえあって…。

もうね、本当に足向けて寝られないわ。
と、さっきもさんざん長電話したあとでしみじみ思う夏の夜なのでした^^。

|

« 発表会準備・・・ | Main | おめめが溶けたの? »

「ピアノ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95637/52016651

Listed below are links to weblogs that reference 大好きな先生:

« 発表会準備・・・ | Main | おめめが溶けたの? »