« ありがとう | Main | コンクール受けする曲? »

October 26, 2010

コンクール

最近はピアノのコンクールがとても多く、1年中なにかしら生徒たちのコンクールに追われております。先週末も各種コンクールの為生徒たちはあっちゃこっちゃに参戦にいってくれていました。

何度も書いてますが、私はコンクール礼讃派でも推奨派でもありません。むしろ以前は否定派だったくらいです。演奏に優劣をつけることに疑問があったから。これは音楽が好きで仕事にした音楽家ならば必ず一度以上はぶちあたる問題なのかもしれません。

では今なぜ私がここまでコンクールに生徒を出して、あまつさえ入選入賞してくるこどもたちを育てるようになったか。それは使い方次第だということを私自身が学んだからにほかなりません。コンクールで潰れてしまう子がいることも否定はしません。でもモチベーションをあげつつ基礎的な技術を本人が納得するようにつけてゆくためにはとても有用なことも事実です。

ジュニアがコンクールを上手に利用するためにいちばん大切なことは、周囲を取り巻くおとなたちがそれにふりまわされないことだと思います。ひろい舞台にちいさなこどもがひとりで想像を絶するような集中力を発揮することはそれだけでもとてつもなくすごい作業です。さらに舞台に立つまでの努力は多少の個体差はあれど、やはりとてもとてもたいへんな労力を費やしています。もちろんそれをサポートするご家族も同じことで、本番近くはかなり疲弊していることでしょう。

私がすべきことはとにかく褒めること。褒め続けること。たとえ失敗したとしてもいつかそれすらも糧にできるように見守ること。私のできることは助言だけであるということをいつも忘れずにこどもたちとこれからも一緒に頑張っていきたいと思っています。

そうして彼らがおとなになった時、ピアノに限らず何かを真剣につきつめて作り上げることができる自分を誇らしく思ってくれればそんなに嬉しいことはありません。

|

« ありがとう | Main | コンクール受けする曲? »

「ピアノ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95637/49850232

Listed below are links to weblogs that reference コンクール:

« ありがとう | Main | コンクール受けする曲? »