« January 2009 | Main | May 2009 »

March 2009

March 31, 2009

発表会の曲

何を弾こうかいろいろ相談ちぅ。

うちは小学生まではクラシック。中学にはいったらポピュラーOKということになっております。とはいっても大半はクラシックを選ぶんですけれども。

新中3のKちゃんは普通にぱっと見ギャルですw。「何弾きたい?」という私の問いに元気よく「アニソン!」と返されたのが先週のこと。お約束どおり先生は楽譜を買ってまいりました。実はうちのお教室ではアレンジものやる時は「ピアノで弾いて先生がかっこ悪くないと思えるものに限る」という暗黙のお約束がついているのですが、割と生徒たち素直です。

http://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTM01084408

Kちゃん、今日は黒執事やると言いながら意気揚々と帰って行きましたw

| | Comments (0)

March 24, 2009

教えるということ

春です。生徒減ります。困ってますー。

・・・なーんて思ってたら、ここへ来て体験やら紹介やらの電話が止まりません。毎度ご贔屓ありがとうございますw。この春はちびっこに限って2~3名新規受け入れしようと考えております。

今日の体験レッスンの子はすごくスジもいいし音楽性もかなりある小2の女の子でした。んが、正直な感想。今の先生・・・なにやってんだ?。必要なことが全くはいってない。楽式とか小さい子にそうとは教えなくても「こことこことは一緒の音楽だよねー」とかって成長過程でちゃんと布石を敷いとくもんだと、少なくとも私はそう信じてたのだけど。

てゆか、そもそも曲の構成とか譜割りを教えてる形跡がない。尋ねてみたらブルグミュラーからあとはCDと楽譜を渡して「おうちで弾いてきてね」と言われて完成したら次へ進むんだだそうで・・・。その先生ご自身は声楽科ご出身でご自身はピアノを弾かれることがないのだという。でも、私の知り合いの声楽出の先生には歌心のあるいいピアノ弾かれる先生けっこうたくさんいるんだけどなぁ。

まぁ、そんなわけでちゃんと王道教材(ハノンとツェルニーとソナチネ)なのに、生徒さんは理解してるわけではなくただ機械的に模倣で弾いてるの。本人の持つ才とおそらくは親御さんの努力でここまで来たんだろうなぁ。奇跡的に矯正しなくちゃいけないことが殆どない状態なのが救い。片手間で教えてる方はいいかもしれないけど、知らずに迷惑被るのはレッスン受ける生徒さんたちなんだよね。私自身かなりいい加減なせんせーだけど(<自覚はあるらしい)人の振り見て・・・だなぁ。自分の生徒たちに見限られないように今日からちゃんと勉強しよぉーっと、なんてねw。

ピアノを教えるってことはそれだけに限らない。生活面だったり精神面だったり。けれどピアノを、音楽を教えてその対価を受け取るのであれば、その人たちには仕事としてプライドを持っていてほしいと思う。ちょっと前に喫茶店で横にいたテーブルに「私、子どもの頃習っててピアノ弾けるから家計を助けるためにピアノの先生しようと思うんだ。ちょうど近所のヒトに教えてって言われてるし。ピアノなら家に電気のがあるし。小さい子なら大丈夫!」と声高に話してる女性がいて。実はすごくイヤな気分になりました。割って入りたいと思ったくらいw。音楽教育の場も日進月歩なの。それに最初の先生がその生徒さんの持つ音楽の源流になっちゃうの。ついでにいうと電子ピアノはピアノじゃないよって・・・。でも不況になるとこういう軽い気持ちのモグリのピアノの先生増えるんだよね^^;。ま、先生と呼ばれるって決めたら、ハラ括って自分もちゃんと前進できるヒトならそれでもいいんだけど。だって誰だって最初は未経験で、私自身も生徒や親御さんたちにここまで育ててもらったしね。

でも、ぶっちゃけ。十把一絡げに「いいですね。趣味がお仕事で。」とかって言われるのはものすごく迷惑だわ。

| | Comments (0)

« January 2009 | Main | May 2009 »