« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

July 31, 2008

夏予選終了

さて、本日のグレンツェン組をもって、夏の予選が一段落しました。グレンツェンは2名とも予選通過。ただ、Bコースは私のミスのせいで(読譜の問題)本人の力よりも評価が低くなってしまっていると思うので、そこをお詫びして年末の本選にむけて気をひきしめてゆきたいと思います。

さて、来週はPTNA本選ウィーク。うちのぽにょ子ちゃんたちにもうひとがんばりしてもらいましょうね。

| | Comments (0)

July 29, 2008

結構遊んでるかもw

13日の発表会を終えた後、ばたばたばたっと仕事して、18日から22日まで北海道旅行してきました。22日は午後帰って、夕方からレッスン。その後も隅田川に花火にいったり、地方の友人たちと浅草いったり、ちょろちょろとよく遊んでおります。

今年のPTNAコンペは予選奨励賞が3名。本選進出者が4名。明日からグレンツェンもあり、まだまだ暑い夏は続きます。もちょっとがんばるべ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2008

幸せだと思う

いろいろ凹んでみたけれど。いつだって結局生徒たちに救われた。そして見知らぬあなたにも救われた。

どうもありがとう。

その気持ちを忘れずに生きていきたいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2008

発表会御礼

ご来場のみなさま、ありがとうございました。 ご出演のみなさま、ご家族ご友人のみなさま、ありがとうございました。

毎年のことですが、こどもたちが笑顔で舞台を降りてきて、袖でそれを迎えるのがとても幸せでした。また、大きい生徒たちの心の成長ぶりがひときわ心にしみる一日になりました。

発表会というイベントについてはご家庭によって、また個人的にもいろいろなお考えがあると思います。ですが、この日があるからこそまったりとした日常で自分を時に振り返り、また技術を確認できるということを忘れないでください。私が100回レッスンをするより1度の舞台が子どもたちを成長させます。そして私自身は、ともすると時間の流れに飲まれがちな日々を今一度振り返り反省させられる日でもあります。

子どもたちには発表会はたのしいものだという想い出をたくさん作ってあげてたい。みなさんは、ひとりで舞台に出て楽器を弾くという孤独な作業が、傍目に見るよりも実はとてもたいへんだということを理解してあげてください。

上手に弾くことばかりが大切なのではなく、この日に何かひとつでも心に響くものがあったなら私は本望です。そして、ご来場のみなさまの心に響くものがあったなら、なによりうれしく存じます。

きっとどんなことがあっても、ウチのお教室で発表会がなくなることはありません。だって、お祭りですもの^^v。夏の暑い日、おつきいあいいただいて本当にありがとうございました。

どうか、いつでも音楽が、みなさんの心の糧になりますように。

| | Comments (0)

おわび

昨日の発表会の件でお詫び申し上げます。

実は、昨日の発表会で私はピアノを教えるようになってからの22年間で初めてではないかと思われるくらいのキレっぷりをホールの入り口で披露してしまいました。衆人環視の中で中学生および保護者を延々とそして本気で怒鳴りつけておりました。ごらんになった方は、ただでさえ地声の大きい私のホールを揺るがすほどの怒鳴り声に「あの先生、アタマ大丈夫だろうか?」と不安になった方もいらっしゃるかもしれません。

おそらく私の人生の中でも滅多にないほどの激昂でした。そのくらい腹が立ったし悲しかった。数ヶ月にわたってできていた怒りの土壌の上に、ここしばらくで耐えかねていたことが私にとっての一番大切な日に噴出させられる結果になりました。念のため申し添えますが、当該の生徒さんを怒ったことについては後悔はしていません。そして自分が間違っていたとも思っていません。怒るべき時に怒ることが必要だと思ったからそうしたまでです。私は「町のピアノの先生」でしかありません。ですが違うと思ったことに迎合する気はありませんし、自分が譲れないセンを曲げることはするつもりもありません。

私は喜怒哀楽が激しいけれども、平生から不条理に怒ったり、他人を怒鳴りつけたりはしていないつもりです。末端とはいえ教育に関わっている者として、できる限り何事にも理性的かつ穏やかに話す方向を心がけているつもりです。

ですが、あの場で、楽しい発表会の空気をあろうことか責任者である私が凍り付かせてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。あの場は収めましたが、今後も経過観察となるでしょう。あの一件で他に私を見限るご家庭が出てきても粛々とうけとめるつもりでおります。

ご出演関係者のみなさま、ご来場のみなさまに、今一度心からお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。
また、メールやメッセージでご心配くださった皆様、激励?してくださった皆様には重ねて御礼申し上げます。


P.S.
つきあいの長い生徒さんほど、昨日の私の姿には驚きが大きかったようです。控え室で泣きじゃくる私を大きい子たちがかわるがわる抱きしめてくれました。頭をなでてくれる大学生もいました。あの事件によって私との絆がさらに深まった子たちがそこには確かにいました。こんな思いをさせられるくらいなら辞めてしまいたいと思った日に「やっぱりこの仕事を選んでよかった。」と思わせてくれた私のかわいい猫の手たちに、心からのありがとうを。

| | Comments (0)

July 10, 2008

あー

頭痛が酷くなってきました。どうやら体調不良のよかーん。

無事に乗り切ることだけ考えよう。

| | Comments (0)

July 09, 2008

忘れ物はない?

さて、と。毎年のことながら、いよいよ私の方のチェックが必要になってきました。持ち物、というか発注関係。記念品OK。お花OK。会場に飾るお花もOK。各お手伝いのかたへのお礼の新券をつくって封筒につめつめして。当日の持ち物をすこしずつパックしていく作業にはいります。ふぅ、コレが結構大変なのよねー。がんばれ、わたしw。

| | Comments (0)

July 07, 2008

かうんとだうん

さて、発表会は次の日曜日です。とゆわけで、現在お教室内はたいへんなことになっておりますです。ふぅ。

ちびっこたちは安定してきましたが、おっきいおねーちゃんたちの精神状態がね…。ま、毎度のことながら、楽しくいこーぜ。発表会はお祭りだ!

| | Comments (0)

July 02, 2008

せんせーはここにいるよ?

さて、いよいよ発表会まで2週間を切り、いろいろと白熱しているようでございます(伝聞w)。

レッスンしてても、ミスったお子さんに横からママの「そこ、ちがうっ」の声がかかることもあり^^;。もはや私の仕事はないくらいです。

そんなわけで、心置きなく出し物の練習させてもらいましょう(嘘)

| | Comments (0)

July 01, 2008

おかえり^^

この日記で遠く中国へお引っ越ししちゃってたSちゃんが、おうちの都合でまた日本へ戻ってきました。でもってピアノももちろん帰ってきてくれました。教室の扉をあけて開口一番「せんせー!あいたかった!!」。私もだよー。熱烈なハグをして、また一緒にがんばることになりました。あちらでもピアノをがんばっていたようで、本も進んでいて、これからがとっても楽しみ^^。

| | Comments (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »