« 爆睡 | Main | バレンタインデー »

February 13, 2006

明るい?暗い?

年長さんR君、進みも良くてオルガンピアノの本も3巻になりました。今日は短調のお勉強。よくピアノの先生たちの間でも物議をかもし出す「あかるい?くらい?音楽」の単元です。イメージってとても大切だし、私もどちらかというと雰囲気で捉えてる子どもだったので明るい音楽・暗い音楽って習っても何も疑問はなかったんだけど、確かに長調=明るい、短調=暗いってのはすこし力技だよな~って思うことも多く・・・。小学生の中学年くらいになれば理論的に教える事も可能なんだけどね。音感ある子はやっぱり明るい暗いの方がとりやすかったりするし。ま、それはおいといて。R君はまだ小さいので「うれしい」「かなしい」と歌をつけつつ長短判定をしてもらってゆきます。でもって、いろいろな調性でチャレンジ。なかなか調子よく答えてゆきます。「これは?」「たのしい」「これは?」「かなしい!」といくつか進めたところで、黒鍵の多い調へ。「これは?」ときくと「光ってる!」と元気よく答えるRくん。ツボはまっちゃいました。ごめん。笑っちゃった。すごくすごく明るく聞こえたのね(^^)でも、その感性大切にしてゆこうね。

|

« 爆睡 | Main | バレンタインデー »

「ピアノ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 爆睡 | Main | バレンタインデー »